松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

千田有紀(武蔵大学教授)のインターネット戦略・「不作為」による社会的抹殺

千田有紀武蔵大学教授)のインターネット戦略は、

(1)積極的に事実に反する記述や発言を行うという「作為」によって自己のイメージをアップさせる(もしくは相手方のイメージをダウンさせ社会的に抹殺する)戦略

と、

(2)閲覧者に対して重要な事実を隠す、という「不作為」によって閲覧者に対して事実関係について重大な誤解を与え、それによって自己のイメージをアップさせる(もしくは相手方のイメージをダウンさせ社会的に抹殺する)戦略、

の2つがある。

 

千田の場合、(1)「作為」の戦略の重要性もさることながら(2)「不作為」の戦略が極めて大きな比重を占めている。千田の「不作為」戦略によって松浦晋二郎は社会的に抹殺された。

 

そこで本稿では、千田のインターネット戦略における、(2)「不作為」の戦略、すなわち、閲覧者に対して重要な事実を隠す、という多数の「不作為」によって閲覧者に対して事実関係について重大な誤解を与え、それによって特定人を社会的に抹殺する、という千田のインターネット戦略の「不作為」の戦略に焦点を当て、以下、具体的に論じることとする。

 

2017年11月4日、千田は次のように発言している:

f:id:hate5na7:20190501183159p:plain

千田は「まさか論文を読んでもいないで批判されていたとはびっくりでした」と発言しているが「びっくりでした」の部分は真っ赤なウソである。

 

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文(=千田博士論文)」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を知っていながら松浦に教えずに黙ってじっと見ていて(=千田の不作為1)松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

 

2017年4月に千田有紀が松浦晋二郎を提訴した訴訟(=千田有紀訴訟)は同年5月、千田の訴え取下げにより終了した(注1)。

 

2018年3月以降、松浦は千田の博士論文(今度こそ本物の「千田博士論文」である)を実際に取り寄せ、調査したところ事実に反する記述が多数発見された。そこで松浦は千田博士論文に関して多数の学問的根拠を挙げて問題点を指摘し千田に質問するブログ記事を、多数、執筆した。それが下記の記事である:

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む- 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

しかしその後現在に至るまで千田側からの学術的応答は、一切、存在しない。

 

そればかりか、千田は、今なお、すでに終了した2017年の千田有紀訴訟を持ち出し、「松浦に名誉毀損された」「松浦に誹謗中傷された」、をネット上でオウムのようにひたすら繰り返すばかりである。2018年3月以降、松浦が千田博士論文を実際に取り寄せ、多数のブログ記事を書いた事実について、千田はネット上で決して言及しない(=千田の不作為2)。

上記「千田の不作為1」及び「千田の不作為2」の2個の不作為によって千田は二重にウソをついた。これにより千田はあたかも松浦が、根拠のない、事実無根の名誉毀損を繰り返す凶悪犯罪者であるかのような事実に反する松浦の人物像をインターネットで拡散することに成功した。。

 

千田の「不作為」は他にも存在する。

たとえば2017年1月以降、千田は松浦に対して多数の名誉毀損行為を行ったが松浦の再三の抗議にもかかわらず千田は一度も松浦に謝罪していない。この事実を千田はネット上では決して言及しない(千田の不作為3):

【1】武蔵大学・千田有紀教授の松浦晋二郎に対する名誉毀損(千田教授2017年1月8日付、5月6日付ツイッター発言) - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

【2】武蔵大学・千田有紀教授の松浦晋二郎に対する名誉毀損、公開処刑、について(千田教授2017年11月3日付、8日付ツイッター発言) - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

【3】(千田有紀教授2017年11月8日付ツイッター発言)千田教授の松浦晋二郎に対する公開処刑、脅迫、名誉毀損、ハラスメント、誹謗中傷、千田教授4月30日ヤフー記事における隠蔽事実 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

上記「千田の不作為3」によって千田は、あたかも自分だけが一方的に松浦から名誉毀損の被害を受けたかのような重大な誤解を閲覧者に対して与えている。 

 

また、千田の2019年3月21日付ツイートでは、千田有紀訴訟の開始年月(2017年4月)及び終了年月(同年5月)を明記せずに(=千田の不作為4

「事実無根の言い掛かりをつけられて、東京地裁に提訴しました。」

とだけ記載することによってあたかも直近の1ヵ月以内に千田が提訴したかのような重大な誤解を閲覧者に対して与えている(松浦からの再三の抗議にもかかわらず千田は同一の手口を過去にも繰り返し使っている)。

 

また上記2019年3月21日付ツイートで千田は

「ブログ再開されたので、2019年の春休みに提訴予定でまた名誉毀損で訴訟すべく、弁護士と打ち合わせ開始のところでした。」

と書いて、2019年現在、松浦が千田に対する名誉毀損のブログを運営している、との趣旨の記述を行った。そこで2019年3月28日松浦は千田に対して当ブログ中のどの記事が千田に対する名誉毀損に該当するのかについて千田側の弁護士を通じてメールで質問し回答を求めたところ千田からは「特にコメントはありません」との驚くべき回答が返ってきた。しかし千田は、松浦から上記質問があった事実及び松浦の上記質問に対して千田が上記回答を行った事実について、ネット上では、一切、公表していない(=千田の不作為5)。その結果、千田は、2019年現在、あたかも松浦が千田に対する名誉毀損のブログを運営しているかのような重大な誤解を閲覧者に対して与えている。

 

以上のように千田は、閲覧者に対して重要な事実を隠す、という多数の「不作為」(注2)によって閲覧者に対して事実関係について重大な誤解を与え、それによって特定人を社会的に抹殺する戦略を採用している。

 

千田の採用した上記インターネット戦略によって千田の松浦に対する社会的抹殺行為は大成功を収めた。

 

【注】

(注1)

千田有紀訴訟係属中の2017年4月30日、千田はヤフーニュース個人記事:

ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか――ネットの損害賠償等請求の経験から」

の中で、「博士論文の不正を取りざたされることは、私の名誉とクビがかかっている」と書いて千田の主張する「名誉毀損」の「損害」の重大性を強調している。

「ニュース」と称してネット記事を書いて「名誉毀損」の「損害」の重大性について大騒ぎした千田であったが、実際には本文で述べたように、2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

(注2)

千田有紀の大学院時代のお師匠である上野千鶴子は次のように発言している:

上野千鶴子「私は経験科学の研究者だから嘘はつかないけど、本当のことを言わないこともある。」

千田有紀は著書の中で相手の言葉の意味を変えて、相手の言葉に亀裂を入れて、事実に反する言説を社会に拡散することにより「男の論理」を崩すことができて女性が解放される、との趣旨を書いている(下記記事参照): 

最新のジェンダー学理論によれば、客観的事実の存在自体が怪しい、と主張し客観性も中立性も否定して、相手の言葉の意味を変えて、相手の言葉に亀裂を入れて、事実に反する言説を社会に拡散してしまえば「男の論理」を崩すことができて女性が解放される、という

【関連記事】

千田有紀訴訟の事実経過及びその後の事実経過 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

WANは、そして千田有紀氏は、なぜデータベースに「千田博士論文」の誤情報を掲載し続け、閲覧者に対して誤解を与え続けるのか? - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

上野千鶴子「私は経験科学の研究者だから嘘はつかないけど、本当のことを言わないこともある。」 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)