松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

2019年度東京大学入学式祝辞において「公正」な社会の重要性を説いた上野千鶴子は千田有紀氏の博士論文についても「公正」かつ厳正に審査を行ったはずであり、上野千鶴子の「公正」かつ厳正な論文審査をパスした結果、東京大学から千田氏に博士号が授与されているはずですから、千田氏は私の上記質問くらいは簡単に回答できるはずであり、回答できなければおかしい。

私はこれまで千田有紀氏の博士論文について多くの記事を書いてきました(注1)が、私の述べていることは至ってシンプルです。

 

たとえば 千田氏は博士論文の中で戦前の有賀喜左衛門について、

 

戦前・・・有賀ですら、「家」は社会を規制するのではなく、「家」が単に社会の規制のもとにあるだけだと考えていた。(千田博士論文、108-109頁。104頁にも有賀の同一引用あり)

と書いています。

 

ところが、戦前の有賀は家と社会は相互規定的である、と述べており、社会が家を規定する事実だけでなく、家が社会を規定する事実についても記述していました(有賀喜左衛門、『日本家族制度と小作制度(上)』(有賀喜左衛門著作集Ⅰ、未来社、1943年→1966年)、249頁)。

 

千田氏の博士論文の上記記述は有賀喜左衛門の著書の記述と矛盾しています(注2)。

 

また、たとえば千田博士論文81頁では、戸田貞三の「家族」の文言を「家庭」に書き換えて「脚注」までつけたうえ、書き換え後の「家庭」の文言にあたかも特別な学術的意義があるかのように書かれています(注3)。

 

そこで、私は千田氏に対して、なぜ、 千田博士論文はこのような記述になっていますか、と質問しています。

 

しかし千田氏からの回答はありません。

 

千田氏は私が千田氏に対して根拠のない誹謗中傷を執拗に行っている、とか、事実無根の名誉毀損を執拗に行っている、と主張しています(注4)が、私は千田氏に対して根拠のない誹謗中傷を行っているわけでもありませんし、事実無根の名誉毀損を行っているわけでもありません。

私はきちんと学術的根拠を明示して質問しています。

私が千田氏に対して行った他の質問、問題提起、も含め、千田氏にはぜひ学術的回答をお願いします。

 

千田有紀氏の博士論文の審査委員主査はお師匠の上野千鶴子です:学位論文要旨詳細

 

2019年4月12日、上野千鶴子東京大学名誉教授)は東京大学入学式祝辞において「公正」な社会の重要性を強調しています。

 

そうであるなら上野千鶴子は千田氏の博士論文についても「公正」かつ厳正に審査を行ったはずであり、上野千鶴子の「公正」かつ厳正な論文審査をパスした結果、東京大学から千田氏に博士号が授与されているはずですから、千田氏は私の上記質問くらいは簡単に回答できるはずであり、回答できなければおかしいです。

 

千田氏は次のようにも発言しています:

f:id:hate5na7:20190426114758p:plain

 【注】

(注1)  

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

(注2)

 千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(5)「戦前・・・有賀ですら、『家』は社会を規制するのではなく、『家』が単に社会の規制のもとにあるだけだと考えていた。」?108頁 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

 

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(16)ここまでのまとめ - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

 

(注3)

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(2)戸田貞三の「家族」の文言を「家庭」に書き換えて「脚注」までつけたうえ、書き換え後の「家庭」の文言にあたかも特別な学術的意義があるかのように書く。千田博士論文81頁 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

 

(注4)

2019年3月28日私は千田氏に対して当ブログの中のどの記事が千田氏に対する名誉毀損に該当するのかについて千田側の弁護士を通じてメールで質問し回答を求めたところ千田氏からは「特にコメントはありません」との驚くべき回答が返ってきました。

 

 【関連記事】

上野千鶴子:就職口の可能性があるとき、私自身は、できるだけ意図的に女性を推すようにしている。あからさまに男性に逆差別を行使している。 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

 

上野千鶴子「私は経験科学の研究者だから嘘はつかないけど、本当のことを言わないこともある。」 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)