松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

「Yahoo!ニュース個人」における千田有紀氏の私に対する名誉毀損記事の削除をヤフーに対して求めました。

千田有紀訴訟」に関してはこれまでにも繰り返しお伝えしてきました:

千田有紀訴訟の事実経過及びその後の事実経過 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

 

千田有紀氏執筆にかかる「Yahoo!ニュース個人」記事において千田氏が私に関して事実に反する記述や、閲覧者に対して事実関係について重大な誤解を与える名誉毀損の記述を行っているのでヤフーに対して下記記事の削除を求めました:

 

www.yahoo-help.jp

 

【1】

ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか――ネットの損害賠償等請求の経験から(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース

千田氏の上記記事に対する私の反論は下記記事になります:

千田有紀氏(武蔵大学教授)が執筆したフェイク・ニュース 2017年4月30日Yahoo!ニュース記事「ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか」 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

 

【2】千田氏は201948日、「ヤフーニュース個人」において次の記事を執筆しました:

 

 (但し下記リンクを踏むとヤフーを通じて千田氏にお金が入るので注意して下さい)

私たちはなぜnetgeekを提訴したのか フェイクニュースの問題点(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース

 しかしこの記事には次の問題点があります:

 

(問題点1)上記記事の中で千田氏は、唐突に、2017年4月の「千田有紀訴訟」について触れ、私がまるでnetgeek社と関係がある人物であるかのような誤解を閲覧者に対して与える記述を行っています。

しかし私はnetgeek社と全く無関係です。私はnetgeek社の社員でもなければnetgeek社のライターでもありません。

 

(問題点2)そもそも私は学術的な事柄に関して学術的根拠を挙げて千田の著書、論文、ツイートについて問題点を指摘し批判していたにもかかわらず、千田氏が上記記事において学術的事項と全く関係のないnetgeek社の件と私の件を同列に並べて結びつけて書いている点で、千田氏には私に対する悪意があります。

 

(問題点3)しかも上記記事のタイトルは

「私たちはなぜnetgeekを提訴したのか フェイクニュースの問題点」

とされているにもかかわらず、記事の中では千田氏がnetgeek社からどのような内容の記事を書かれ、どのような名誉毀損を受けたのかという肝心の点は書かれていません。その一方で千田氏はnetgeek社とは全く関係のない私のことを唐突に持ち出して詳細に書いています。

 

(問題点420183月以降、私は千田博士論文を実際に取り寄せて多数の学術的根拠を挙げて多数の問題点を指摘し、また、質問を行いました:

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com

しかし、現在まで、千田氏からの学術的回答は一切ありません。この事実に関して千田氏の上記記事では一切触れていません。千田氏は相変わらず、とっくの昔に終わった訴訟の事実関係について閲覧者に対して誤解を与える省略的かつ曖昧不明確な記述を行っています。千田氏は、2017年4月30日に執筆したフェイクニュースのリンクを記事中に貼りつけて、訴訟の事実関係について閲覧者に対して誤解を与えるよう仕向けています。

 

(問題点5)そもそも訴訟の一方当事者であった大学教授が「ニュース」と称して、訴訟の他方当事者であった特定個人を取り上げ、事実に反する記述によって一方的に断罪する時点で、当該記事は公正さ、客観性、中立性を欠いており、すでに「ニュース」と呼ぶことはできません。

 

以上のように千田氏は、「大学教授」のプラットフォームを利用し、netgeek社と全く無関係の私をあたかもnetgeek社と関係がある人物であるかのように書いて私の名誉を傷つけ私に多大なる精神的苦痛を与えました(=民法709条、不法行為)。

 

 201948日、私は千田氏執筆にかかる上記記事のうち、私に関連する部分を、「謝罪文」スクリーンショットも含め、全て、削除するよう千田側弁護士を通じて千田氏に対して求めるとともに厳重抗議しましたが、千田氏は今なお、削除していません。

 

千田有紀氏は、社会学者として、日本社会における女性に対する「暴力」を問題にされていますが、私の目から見れば、事実に反する記述や省略的かつ曖昧不明確な記述で私の名誉を繰り返し毀損する千田氏のツイート、ヤフーニュース記事、こそ、私に対する「暴力」そのものです。

 

そして千田有紀氏のような人物に、「暴力」記事を執筆・公表する場を与えているヤフーには、法的に大きな問題があります(=名誉毀損の幇助行為)。

 

千田有紀氏は、私が2018年3月以降、千田博士論文に関して提起した下記問題点、疑問点、についてぜひ学術的回答・反論、を行ってください

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

千田有紀教授殿、ご連絡、お待ちしております!!

松浦晋二郎

連絡先:ivishfk31@gmail.com

 

 

 

 

◎千田氏は2019年3月21日付ツイートにおいて

 

ブログ再開されたので、2019年の春休みに提訴予定でまた名誉毀損で訴訟すべく、弁護士と打ち合わせ開始のところでした。

 

と発言しました。千田氏は「ブログ再開されたので」と書いていますがこれは2017年5月の千田有紀訴訟終了後に私が当ブログを再開した事実を意味します。つまり千田氏は、上記ツイートで、2017年5月の訴訟終了後に私が再開したブログにおいて私が千田に対して名誉毀損を行ったとの主張、及び、現在、訴訟準備をしている(していた)、との発言を行ったことになります。

 

そこで2019年3月28日私は千田氏に対して当ブログの中のどの記事が千田氏に対する名誉毀損に該当するのかについて千田側の弁護士を通じてメールで質問し回答を求めたところ千田氏からは「特にコメントはありません」との驚くべき回答が返ってきました。千田氏は3月28日にこのような不誠実な回答を行っていながら、上記201948日付「ヤフーニュース個人」記事において私のブログが千田氏に対する名誉毀損であると再び書いています。千田氏は全く不誠実です。

 

◎ちなみに、WANと千田有紀氏はWANデータベース上に「千田博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であるとする誤情報を掲載し続け閲覧者に対して誤解を与え続けています:

WANは、そして千田有紀氏は、なぜデータベースに「千田博士論文」の誤情報を掲載し続け、閲覧者に対して誤解を与え続けるのか? - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

 私は上記誤情報を訂正するよう千田有紀氏に求めましたが、2019年4月21日現在、誤情報は訂正されていません。

千田氏は、名誉毀損名誉毀損、と大騒ぎするのであれば「千田博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると誤解して記事を書く人が今後出現しないように、直ちにデータベースの誤情報を訂正すべきです。なぜ訂正せずに放置し続けるのでしょうか?不可解というほかありません。