松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

千田有紀が執筆したフェイク・ニュース:2017年4月30日Yahoo!ニュース記事「ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか」

千田有紀教授(武蔵大学、以下、敬称略)は2017年4月30日に次のYAHOO!ニュース記事を執筆している:

news.yahoo.co.jp

この記事は2017年4月末に千田が名誉毀損を理由に松浦晋二郎を提訴した民事訴訟(以下「千田訴訟」と呼ぶ)係属中に書かれた記事である。

しかし千田のこの記事はフェイク・ニュースである。

なぜこの記事がフェイク・ニュースなのかというと、この記事には千田訴訟に関連する次の(事実1)ないし(事実10)が、一切、書かれていないからである:

 

(事実1)

千田が松浦に対して20171月に複数の名誉毀損を行った事実、及び、千田の当該名誉毀損に対して同年1月以降松浦が一貫して千田側に抗議し続けていた事実。

 

詳細については次の記事を参照されたい:

 【1】武蔵大学・千田有紀教授の松浦晋二郎に対する名誉毀損(千田教授2017年1月8日付、5月6日付ツイッター発言) - 松浦晋二郎ブログ

 

千田有紀は2017年1月8日付ツイートで、松浦が、大学卒業後何十年間もの間ネット上で千田への誹謗中傷を繰り返していた旨の虚偽事実の発言を行った。千田の当該ツイートは松浦に対する名誉毀損である。千田の当該名誉毀損ツイートを、阿部悠を名乗るアカウントが、「(松浦は)先輩の女性に何年も粘着しているのか」と言ってさらにツイートし千田の松浦に対する名誉毀損発言を拡散した。松浦は阿部悠に対して抗議した。しかし千田は松浦に対する自己の名誉毀損ツイートを削除しなかったうえ、阿部悠に対して阿部の松浦への名誉毀損ツイートを削除するよう要求することもなかった。千田は、自己の松浦に対する名誉毀損ツイートとそれに便乗した阿部悠の松浦に対する上記名誉毀損ツイートによって松浦の名誉毀損の損害が拡大していくのをただ黙って見ていた(その後、阿部悠のアカウントは2017年10月31日頃、凍結された)。

 

(事実2)

千田の論文には、「千田の博士論文」(以下これを「千田博士論文」と呼ぶことにする)と「千田の博士論文ではない論文」という、全く同一タイトルであるが二つの異なる論文が存在する。2017年2月から4月までの間、松浦はこれら2つの異なる論文が存在する事実を知らずに、「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると誤解してブログ記事を執筆し続けていた。この事実を千田は知っていながら松浦に連絡せずに、松浦のブログ記事数が増えていくのを同年2月から4月までの間、黙ってじっと見ていて(=千田の不作為)、松浦のブログ記事数が増加した頃合いを見計らって同年4月末に訴えを提起した、という事実。つまり千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」をみずから拡大させ続けた、という事実。

 この点、千田の上記記事では

博士論文の不正を取りざたされることは、私の名誉とクビがかかっているのだが、そもそもおおもとの博士論文が読まれてもいなかったという事実には、トホホといった感想しかない

 と書かれているが、この記述では、上記(事実2)が書かれていないことによって、あたかも松浦が故意に千田の博士論文を読まずに千田博士論文を「捏造」「論文不正」であると指摘する記事を執筆し続けていて、しかもあたかもその点につき千田の側に帰責事由が全くなかったかのような重大な誤解を閲覧者に対して与える記述となっている。

また千田の上記記事では

訴えの対象をブログに絞ったのは、長文だったため、私の論文が不正であるという主張の無根拠性が、明白だったからである。

と書かれている。

しかし上述のとおり、千田は2017年2月時点ですでに松浦が「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると誤解して両者を取り違えてブログ記事を執筆していた事実を知っていながら松浦が「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると誤解してブログ記事を書き続けている事実を松浦に連絡せず、2017年2月から4月末までの間、自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」をみずから拡大させ続けた。

従って千田が「訴えの対象をブログに絞った」理由は松浦のブログ記事が「長文だったため」ではない。

 

 

(事実3)

上記(事実2)の「千田の不作為」によって千田は、千田の主張にかかる「名誉毀損」の「損害」を自己の意思で故意に拡大させ続けた事実(この事実は民法上は「過失相殺」事由に該当する。民法722条2項)。

 

(事実4)

 (事実1)乃至(事実3)から次のことが言える。たとえ千田が2017年5月に訴えを取り下げずに訴訟を続行していたとしても、訴訟係属中に(事実1)で指摘した千田の松浦に対する名誉毀損行為について松浦から損害賠償請求の反訴を提起され、かつ、(事実2)及び(事実3)で指摘した「千田の不作為」という過失相殺事由を松浦側から主張され、どのみち千田に勝ち目はなかった。

 

(事実5)

松浦が2017年4月末に千田に対して行った「謝罪」の意味は、2017年2月から4月までの間、松浦が千田の論文に「千田博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルだが内容の異なる2つの異なる論文が存在する事実を知らずに、「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると誤解してブログ記事を執筆し続けていた点についての「謝罪」である。同「謝罪」における「虚偽」の文言の意味も、この意味での「虚偽」である。

 

 

(事実6)

千田は上記記事の中で次のように書いている:

 

 弁護士事務所から警告が行った時点で削除に応じてくれていれば、その相当額も必要なかったのであるが。

 

このように千田は「弁護士事務所から(松浦のところに)警告が行った」と書いている。

たしかに、2017年2月14日に千田側の弁護士事務所から松浦のところにメールは届いた。

 

すなわち2017年2月14日に千田の代理人弁護士を名乗る人物から

 

「貴殿が、・・・千田有紀氏に関しコメントされているいくつかの文章は、明らかに同氏に対する名誉毀損に該当するものと考えております。」

 

とのメールが届いた。

 

しかし、当該メールでは具体的に松浦のどのブログ記事が名誉毀損に該当するのかについての具体的指摘は全くなかったうえ、松浦が「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると誤解して記事を書いている事実についての指摘もなかった。しかも千田の弁護士を名乗る当該人物は「お電話による対応は致しかねます」と書いたうえで、しかも松浦の住所を自分に教えるよう、一方的に指示していた。以上の内容のメールが2017年2月14日に松浦に届いた。大変失礼な内容のメールであったので松浦は当該人物に返事をしなかった。

 千田の上記ヤフー記事の書き方では、千田側があたかも具体的に松浦のどのブログ記事がいかなる意味で名誉毀損に該当するのかについての具体的指摘を松浦に対して行い千田が松浦に「警告」を行ったにもかかわらず松浦が千田の「警告」を無視してブログ記事を執筆し続けたかのような書き方になっている。しかしそれは全く事実に反する。

 実際には上記(事実2)で述べたように2017年2月から4月までの間、松浦は「千田博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という、全く同一タイトルだが内容が異なる2つの論文が存在する事実を知らずに、「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると誤解してブログ記事を執筆し続けていた。この事実を千田は知っていながら松浦に連絡せずに、松浦のブログ記事数が増えていくのを同年2月から4月までの間、黙ってじっと見ていた(=千田の不作為)のである。

 

千田は上記2017年4月30日ヤフー記事で

 「博士論文の不正というのは、研究者にとっては、死を意味する。」

「博士論文の不正を取りざたされることは、私の名誉とクビがかかっている」

 

 と書いているが、千田にとってそれほどまでに人生の重大事であるのなら、千田は、2017年2月の時点で、「松浦さん、あなたは『千田博士論文ではない論文』を『千田博士論文』であると誤解してブログ記事を書いていますよ、2つの論文は全く同一タイトルですが異なる論文ですよ」と、たった一言、メールで松浦に連絡すればよかったのである。しかし千田は松浦に連絡しなかった。

 

 この点は次の過去記事でもすでに指摘した通りである:

私は千田有紀教授の「博士論文」と「博士論文ではない論文」という全く同一タイトルだが2つの異なる論文が存在している事実を知らなかった。

 

(事実7)

千田有紀は松浦のことをまるで名誉毀損を繰り返す凶悪犯罪者であるかのように書いている。

しかし千田は訴額870万円の損害賠償請求訴訟を提起したが、松浦が千田氏に対して支払ったのは30万円である。

松浦の勝訴率を計算してみよう:

(870-30)÷870=96.55%

である。

松浦の圧勝である。

 

(事実8)

千田は上記記事の中で次のように書いている:

法的措置まではとは思ったのだが、根拠のない侮辱を放置していると、そういう状況が許されるというメッセージにもなるという意見、女性が意見を発信することに対する嫌がらせがはびこっているのはどうかと思うという意見もあり、踏み切ることにした。

このように千田は松浦が千田に対して「根拠のない」侮辱を行ったと書いている。

しかし、松浦はブログにおいてもツイッターにおいても、千田の著書、論文、ツイート、新聞記事について多数の学問的根拠を挙げて批判していた。

実際、2017年4月末時点の松浦の千田に対する「謝罪文」においても松浦が千田に対して「根拠がない」記事を書いたとか「事実無根の」記事を執筆した、といった文言は、一切、存在しない。

 

(事実9)

千田は上記ヤフー記事において

訴えの対象をブログに絞ったのは、長文だったため、私の論文が不正であるという主張の無根拠性が、明白だったからである。

と書いており、「訴えの対象をブログに絞った」と書いている。

実際、2017年4月末の千田訴訟の訴状の「請求の趣旨」において千田が審判の対象として主張したのはあくまで松浦の旧ブログ「総合研究所」におけるブログ記事のみであり、千田は松浦のツイートに関しては審判の対象として主張していない。

訴状19頁にも松浦のツイートに関して「本件請求の対象とはしていない」と明記されている。

2017年4月末時点の松浦の千田に対する「謝罪文」においても、松浦のツイートに関する謝罪文言は一切、含まれていない。

 

ところが千田は上記記事において「訴えの対象をブログに絞った」と書いた一方で、あたかも松浦のブログ記事以外に、松浦のツイッターアカウントでのツイートも千田訴訟において審判の対象として主張していたかのような誤解を閲覧者に対して与える記述も行っている。

たとえば千田の上記記事のタイトルは

ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか――ネットの損害賠償等請求の経験から」

となっている。このタイトルは、松浦のツイッターアカウントのツイートも「損害賠償等請求」の対象に含まれていた、との誤解を閲覧者に対して与えるタイトルになっている。いや、むしろ通常の国語力を有する閲覧者であれば上記タイトルをそのような趣旨に読むのが自然であろう。

 

さらに千田の上記記事では、

訴えたのは主にブログの文章である。しかしそれ以上に困らされていたのが、ツイッターであった。ツイッターでの誹謗中傷に手をこまねいている間に、ブログへと被害が拡大していったの感がある

と書かれている。「訴えたのは主にブログの文章」との文言からは、千田は松浦のブログの文章を「主に」訴えていたがブログの文章以外に松浦のツイートも訴えていた、との誤解を閲覧者に対して与える書き方である。

さらに、千田は、

損害賠償請求をする前に、ツイッター社に削除依頼はしなかったのかという疑問が生じるだろう。実は、おこなった。何度も行った。周囲のひとも、知らないひとも(これがツイッターの長所である)、削除依頼をしてくれた。しかし、弁護士が「これはどうみてもアウト」と判断するようなツイートですら、ツイッター社はアカウントの凍結どころか、ツイートの削除すらしてくれなかった。

とも書いている。

「損害賠償請求をする前に、ツイッター社に」云々、という文言もまた千田が松浦のツイートを訴えた、との誤解を閲覧者に対して与える書き方である。

 

また上記ヤフー記事において千田は「ツイッターでの誹謗中傷」との確定的、断定的表現を用いているが、2017年5月に千田訴訟は千田の訴え取り下げにより終了した。従って裁判所の判決は存在しないので松浦が千田に「ツイッターでの誹謗中傷」を行った旨の裁判所の事実認定も存在しない。

 

(事実10)

◎千田は上記記事の中で、ツイッター社に削除依頼をしても、ツイッター社は松浦のアカウントの凍結どころか、松浦のツイートの削除すらしなかった、日本でもツイッター社はきちんとした対応をすべきだ、と書いてツイッター社を非難している。

 

 ◎しかし上記のとおり松浦はツイッターにおいて、千田の著書、論文、ツイート、新聞記事について多数の学問的根拠を挙げて批判していた。そのためツイッター社としては千田側が何度削除要請をしても松浦のツイートを削除することができなかったのである。松浦自身、たった140字の文字数の中によくこれだけ学問的根拠を詰め込めたなあと感心するほどの完成度の高いツイートをしていたから、千田氏側の削除要請にもかかわらずツイッター社が松浦のツイートを削除できなかったのは当然である。その意味でツイッター社はきわめて「きちんとした対応」をしていたのである。

 

◎松浦のように、司法試験の勉強をしていた人間は正義感が強く、根拠、証拠、に基づく事実認定にこだわるので、学問に関して根拠のないデタラメを書くなどということはかえって気持ち悪くてできない。当ブログ記事をお読みいただければお解りいただけるように、学術的な発言に関しては、松浦はいちいち出典、根拠、証拠、を明示しないと気が済まないタイプの人間である。むしろ社会学者の著書のほうが根拠も出典も明示されていない、いい加減な記述が多く、大変驚いている次第である。

 

 

千田のヤフーニュース記事に上記(事実1)乃至(事実10)が書かれなかった結果、千田の記事は、閲覧者に対して訴訟の事実関係について重大な誤解を与え、訴訟の一方当事者である千田が他方当事者である松浦を一方的に断罪し、松浦の名誉を毀損する内容の記事となっている。千田の上記記事には学者としての公平性も、中立性も、客観性も、ない(注1)(注2)

 

 <注>

(注1)千田有紀によると、相手の言葉を攪乱して、相手の言葉の意味を変えて、相手の言葉に亀裂を入れることによって内側から「男の論理」を崩していくことが必要とされる、とのことである(下記参照)。しかし、そうは問屋が卸さない。千田に一方的に都合よく言葉に亀裂を入れられ千田に都合よく事実を作り変えられてしまわないよう、松浦は今後も当ブログ上で客観的事実を何度でも指摘していく所存である。

f:id:hate5na7:20190204212121p:plain

f:id:hate5na7:20190204212137p:plain

(注2)松浦と千田の、その後・・・

松浦晋二郎は2018年3月以降、千田有紀の博士論文(今度こそ本物)を取り寄せて研究し多数の問題点を発見したため下記の多数のブログ記事を執筆した:

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(1)~(17)

しかし千田はこの不都合な事実を隠蔽するため、2017年5月の訴訟終了時点の松浦の「謝罪文」及び2017年4月30日ヤフー記事だけを今なおネット上に掲示し続けている。

また、千田は2017年5月の訴訟終了時点の松浦の「謝罪文」スクリーン・ショットを2018年10月15日付のツイート本文に添付し、ツイート本文には訴訟の開始年月、終了年月を記載しないことによって閲覧者に対し訴訟があたかも2018年10月に新たに提訴されたとの誤解を与えるデマ戦略を展開している。千田はツイートの日付を変えて同様の手口を繰り返し行っている。千田のツイート本文には松浦の人格を傷つけ名誉を毀損する文言や侮辱的文言も書かれている。以上の手口を繰り返すことによって千田は、あたかも松浦が千田から何度も繰り返し提訴されたかのような誤解を閲覧者に対して与え、松浦の名誉を毀損し松浦に多大なる精神的苦痛を与え続けている(=刑法230条1項名誉毀損民法709条不法行為)。

 

〈関連記事〉

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(1)~(17)