松浦晋二郎ブログ

民事訴訟は私人間の権利義務を私的自治の範囲内で自由に処分する場であり学問上の真理を確定するための場ではないので民事訴訟と学問上の真理確定とは無関係である。従って自己の著書論文に多数の学問的間違いを書いている学者が、自己の著書論文の学問的間違いを指摘した相手のことを恨み、名誉毀損を理由に民事訴訟で当該相手を訴えて恫喝し無理やり相手に「謝罪文」を書かせてみても学問上の真理を自己に有利に書き換えることは不可能/東大文学部卒業。同志社ロー修了/行政書士試験合格/連絡先ivishfk31@gmail.com

千田有紀氏の2018年10月15日付ツイートに対して厳重抗議するとともに同ツイートの削除を求めます。

(1)千田有紀氏はツイッターアカウント「千田有紀」トップページに、2018年10月15日付ツイートで私の実名を記載の上「博士論文や著作の事実無根の名誉棄〔ママ〕損をされたので、東京地裁に提訴しました。」云々、と書いています。しかし2018年1月以降、現在(2018年10月16日)に至るまで、私が千田氏から民事訴訟を提起された事実はありませんし、私が千田氏に「謝罪文」を書いた事実も「和解金」を支払った事実もありません。

 上記ツイートは私に対する名誉毀損ツイートです。

千田氏に対して厳重に抗議するとともに 2018年10月15日付上記ツイートの削除を求めます。

 

2017年4月末に私は千田氏から民事訴訟を提起されましたが、当該訴訟は千田氏の訴え取下げにより2017年5月に終了しています。この訴訟はとっくの昔に終わった過去の訴訟であるので2018年10月15日にもなっていまさら新たに千田氏のツイッターアカウントの「トップページ」で「固定ツイート」でツイートすることはあたかも2018年1月以降に千田氏が私に対して訴訟提起したとの重大な誤解を閲覧者に与え、私の社会的評価を低下させる名誉毀損のツイートです。

千田氏の上記2018年10月15日付ツイートは千田氏が私を何年何月何日に訴えたのか、などの事実関係(年月日)についての記載がないため閲覧者には2017年4月末に提起され同年5月に終了した訴訟について記載されているツイートであるとは、文面だけからは、判読、特定することが全くできません。

 千田氏に対して2018年10月15日付上記ツイートの削除を求めます。

 

(2)千田氏の上記2018年10月15日付ツイート本文では次の事実関係((事実1)乃至(事実3))が省略されています:

 

(事実1)千田氏が私に対して2017年1月に名誉毀損を行った事実、及び、当該名誉毀損に対して同年1月以降私が一貫して千田氏側に抗議し続けていた事実。

詳細については次の記事を参照して下さい:

 【1】武蔵大学・千田有紀教授の松浦晋二郎に対する名誉毀損(千田教授2017年1月8日付、5月6日付ツイッター発言) - 松浦晋二郎ブログ

(事実2)千田氏の論文には、「千田氏の博士論文」(以下これを「千田博士論文」と呼ぶことにします)と「千田氏の博士論文ではない論文」(以下これを「千田岩波論文」と呼ぶことにします)という、全く同一タイトルであるが二つの異なる論文が存在する。2017年2月から4月までの間、私がこれら2つの異なる論文が存在する事実を知らずに、「千田岩波論文」を「千田博士論文」であると誤解してブログ記事を執筆し続けていた事実を千田氏は知っていながら私に連絡せずに、私のブログ記事数が増えるのを黙ってじっと見ていた、という事実。

〔関連記事〕

私は千田有紀教授の「博士論文」と「博士論文と同一タイトルの別の論文」という2つの異なる論文が存在している事実を知らなかった。 - 松浦晋二郎ブログ

(事実3) 上記(事実2)によって千田氏は自己の「損害」を自己の意思で拡大させ続けた事実(この事実は民法上は「過失相殺」事由に該当する。民法722条2項)。

 

これらの事実関係は千田氏にとって不都合な事実関係であり、千田氏が上記2018年10月15日付ツイートにおいてこれらの千田氏にとって不都合な事実関係を省略した本文を自己のツイッタートップページ上に「固定ツイート」で掲示し続けるのは閲覧者に対して事実関係についての重大な誤解を与え、私の社会的評価を低下させます。

 

千田氏に対して2018年10月15日付上記ツイートの削除を求めます。

 

(3)千田氏は、上記2018年10月15日付ツイートにおいて、「和解金」と書いていますが、私と千田氏の間で「和解」をした事実は存在しません。従って私は千田氏に「和解金」を支払ってはいません。千田氏が行ったのは「訴えの取下げ」であって、「和解」ではありません。この点は当ブログ過去記事でも指摘しましたが千田氏は頑として訂正しようとしません。「訴訟上の和解」には確定判決と同一の効力が生じますが、千田氏の行った「訴えの取下げ」では確定判決と同一の効力は生じません。「訴えの取下げ」で生じるのは訴訟係属の遡及的消滅の効果だけです。なぜ千田氏が「和解」「和解金」という表現にここまで執着するのか、その理由を私なりに考えてみましたが、「訴訟上の和解」は裁判所が間に入って行われるので千田氏はとにかく「和解」という表現を用いることによって裁判所が間に入って紛争解決したのだと閲覧者に印象づけたいようです。しかし千田氏が本件で行った「訴えの取下げ」においては裁判所は一切関与していません。「訴えの取下げ」は千田氏の意思表示のみによってなされたものです。「謝罪文」の作成についても裁判所は一切関与していません。「謝罪文」の文面は千田氏側が作成しました。以上のように上記ツイートにおいて千田氏は「和解金」と書いてあたかも訴訟において和解が成立したかのような誤解を閲覧者に対して与える記載を行う一方で、「訴えの取下げ」を行った事実については全く記載していません。

千田氏に対して2018年10月15日付上記ツイートの削除を求めます。

 

(4)また千田氏は同ツイートにおいて、

 

今度は名誉毀損ギリギリの批判が再開されましたがそれは「別件」だそうです

 

と書いています。しかし私が「名誉毀損ギリギリの批判」を「再開」したという事実はありません。従ってまた私が「名誉毀損ギリギリの批判」を「再開」した事実は「別件」である、と発言した事実はありません。

デタラメを書かないで下さい。

千田氏に対して2018年10月15日付上記ツイートの削除を求めます。

 

(5)そもそも上記2018年10月15日付ツイートに添付されている私の「謝罪文」は2017年4月の訴訟の中で、私が自分の旧ブログ「総合研究所」に2週間だけ継続して掲示すれば千田氏が訴えを取下げる旨、千田氏と私との間で「訴え取下げの合意」を締結した際のものです。文面は千田氏側が用意したものです。当該「訴え取下げの合意」の中では、(ア)即座に私が千田氏側に30万円を支払い、(イ)旧ブログ「総合研究所」に2週間だけ継続して「謝罪文」を掲示すれば千田氏が訴えを取下げ、かつ、私の氏名も公表しない、という合意がなされました。私は当該合意内容に基づき上記義務を完全に履行しました。従って現在、千田氏が自己のツイッターアカウント「千田有紀」トップページ上に私の許可なく私に無断で私の「謝罪文」を私の実名を記載して掲示し続けているのは上記「訴え取下げの合意」違反です。この合意違反行為を千田氏は2017年11月3日から現在までずっと行い続けています。もう1年近くになります。この点だけでも私が千田氏を訴えれば勝訴できるレベルの事件です。この点は過去記事でもすでに触れたとおりです。今回の2018年10月15日付上記ツイートは千田氏が2017年11月3日付の「固定ツイート」を外して(「固定ツイート」を外した、というだけであり、2017年11月3日付のツイートそのものは削除されずに現在も残っています)、2018年10月15日付の新たな「固定ツイート」に変更したにすぎません。つまり千田氏の上記合意違反行為は2017年11月3日以降、現在までずっと続いています。千田氏に対して2018年10月15日付上記ツイートの削除を求めます。このような卑劣な行為を行っている大学教授は日本中探しても千田氏だけです。どうやら千田氏の意図は、一度でも自分の著書、論文、ツイート、新聞記事を批判した人間は千年先まで許さない、社会的に抹殺して、根絶やしにしてやる、ということのようですが千田氏の言う「女の論理」とはこんなものだったのかと思うと、同じ卒業大学の後輩としてとても残念です。

 

(6)2017年1月以降私が千田氏から受けた多くの名誉毀損についてこれまで一度も千田氏は私に対して謝罪していない点についても厳重に抗議します。この点もすでに過去記事で書いたとおりです:

千田有紀教授(武蔵大学)の松浦晋二郎に対する名誉毀損・ハラスメントまとめ、「訴え取下げの合意」違反 - 松浦晋二郎ブログ

 

(7)以上、千田氏に対して厳重に抗議するとともに2018年10月15日付上記ツイートの削除を求めます。

 

2018年10月16日

 

 〔関連記事〕

千田有紀訴訟 これまでの事実経過 - 松浦晋二郎ブログ