松浦晋二郎ブログ

民事訴訟は私人間の権利義務を私的自治の範囲内で自由に処分する場であり学問上の真理を確定するための場ではないので民事訴訟と学問上の真理確定とは無関係である。従って自己の著書論文に多数の学問的間違いを書いている学者が、自己の著書論文の学問的間違いを指摘した相手のことを恨み、名誉毀損を理由に民事訴訟で当該相手を訴えて恫喝し無理やり相手に「謝罪文」を書かせてみても学問上の真理を自己に有利に書き換えることは不可能/東大文学部卒業。同志社ロー修了/行政書士試験合格/連絡先ivishfk31@gmail.com

小倉秀夫弁護士発言:「千田有紀さんのことを東京大学から東京大学の大学院で修士号、博士号を取り、現在は武蔵大学で社会学を教えている上位階層の人間だと知っていれば、下々はその言うことに従うと思ったんですかね。」ほか4ツイート

 小倉秀夫弁護士が千田有紀氏(武蔵大学)のヤフー記事及びツイートに関してコメントされました:

「表現の自由」はどのように守られるべきなのか? 再びキズナアイ騒動に寄せて(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

f:id:hate5na7:20181008042259p:plain

https://twitter.com/chitaponta/status/1048399119058841600

f:id:hate5na7:20181008040813p:plain

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/1048872590264098816

f:id:hate5na7:20181008041936p:plain

f:id:hate5na7:20181008042002p:plain

f:id:hate5na7:20181008042019p:plain

f:id:hate5na7:20181008041102p:plain

 

f:id:hate5na7:20181013220909p:plain