松浦晋二郎ブログ

民事訴訟は私人間の権利義務を私的自治の範囲内で自由に処分する場であり学問上の真理を確定するための場ではないので民事訴訟と学問上の真理確定とは無関係である。従って自己の著書論文に多数の学問的間違いを書いている学者が、自己の著書論文の学問的間違いを指摘した相手のことを恨み、名誉毀損を理由に民事訴訟で当該相手を訴えて恫喝し無理やり相手に「謝罪文」を書かせてみても学問上の真理を自己に有利に書き換えることは不可能/東大文学部卒業。同志社ロー修了/行政書士試験合格/連絡先ivishfk31@gmail.com

千田有紀氏・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(7)戦前、有賀喜左衛門は近代化によって伝統が失われることを嘆いていた?139頁

【注意:本記事は千田有紀氏の博士論文に関して個人的見解・感想を述べたに過ぎず、千田氏に関して特定の断定的・否定的評価を下すものではありません。】

 

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています:

 

このようななかで、有賀喜左衛門の占める位置を評価するのは難しい。なぜなら確かに戦前、有賀は近代化によって伝統が失われることを嘆き、大家族や同族団体の「結合が弱められつつあるといわれている」し、「そうみられぬこともない」が、それでも「村落の生活を知るほどの者ならそれが簡単に日本の村落から消え失せるとは到底考えることはできない」(有賀[1943b→1966:121])と考えていたからである。(139頁)

 

しかし、上記で引用されている戦前の有賀の『有賀喜左衛門著作集Ⅰ』121頁の原文では、有賀は近代化によって伝統が失われることが嘆かわしい、とは一言たりとも述べていません。有賀は、大家族や同族団体の「結合が弱められつつあるといわれている」との言説に対して自己の学問的立場から客観的に反論しているだけです。

 

 有賀は同書121頁で次のように書いています:

 

近代の急激な都市の発達によって大規模な軍隊、工場、会社やその他の社会施設の組織が新たに成立しつつあるから、おびただしい人口の新しい流入によってこのような同族結合に示される都市生活の古い一面は解体しているようにみえるが、新たに都市人口を構成するものは都市生活の新しい一面において、このような同族的結合を示すべき機会に恵まれるほどまだ都市生活になじまないからである。しかしこの人々とてほとんどすべては村落出身者であるから、必ずや同族結合への指向を潜在させているにちがいない。(引用終)

 

このように、有賀は近代化によって伝統が失われることが嘆かわしいとは一言も述べていないばかりでなく、「新たに都市人口を構成するもの」は同族的結合を示すべき機会に恵まれるほどまだ都市生活になじまないから「同族結合に示される都市生活の古い一面」が解体しているようにみえるのであって、「新たに都市人口を構成するもの」たちも「同族的結合を示すべき機会」に恵まれれば同族的結合を示すこともありうる、との趣旨を自己の学問的立場から客観的に説明しているに過ぎません。

 

以上のように千田氏の引用にかかる有賀の原文及び当該原文の前後の文脈を見る限り、戦前の有賀は近代化によって伝統が失われることが嘆かわしい、とは、全く、一言も、述べていなかったにもかかわらず、千田氏が、上記引用個所を根拠として、戦前の有賀は嘆いていた、と記述するのは事実に反しています。

 

このような千田氏の行為を、学者の世界ではなんと呼ぶのでしょうか?

またこのような行為は、千田氏のキャリアにどのような結果を招来するでしょうか?(

 

千田有紀著『女性学/男性学』(2009年、岩波書店)169頁において、千田氏は自分の大学院時代について次のように書いています。「大学院時代にお世話になった元指導教員の上野千鶴子先生。・・・『とくべつに指導はしない』と公言されている先生のもとで、本当に自由にやらせてもらいました。

 千田氏は何を「本当に自由に」やらせてもらったのでしょうか?