松浦晋二郎ブログ

民事訴訟は私人間の権利義務を私的自治の範囲内で自由に処分する場であり学問上の真理を確定するための場ではないので民事訴訟と学問上の真理確定とは無関係である。従って自己の著書論文に多数の学問的間違いを書いている学者が、自己の著書論文の学問的間違いを指摘した相手のことを恨み、名誉毀損を理由に民事訴訟で当該相手を訴えて恫喝し無理やり相手に「謝罪文」を書かせてみても学問上の真理を自己に有利に書き換えることは不可能/東大文学部卒業。同志社ロー修了/行政書士試験合格/連絡先ivishfk31@gmail.com

千田有紀氏・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(6)「家族」の民主化が戦後民法によって起こったと考えられていたが、そもそも新民法は、「家」「戸主」といった単語のレベルでの「民主化」がおこっていたにすぎなかった??125頁

【注意:本記事は千田有紀氏の博士論文に関して個人的見解・感想を述べたに過ぎず、千田氏に関して特定の断定的・否定的評価を下すものではありません。】

 

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています:

 

「家族」の民主化が戦後民法によって起こったと考えられていたが、そもそも新民法は、「家」「戸主」といった単語のレベルでの「民主化」がおこっていたにすぎなかった。(125頁)

 

上記記述と同趣旨の記述は千田氏の論文(千田岩波論文、千田博士論文、注1)を読んでいるとしばしば見かけます。

しかし明治民法から戦後民法への改正によって生じた「民主化」に関する千田氏の上記認識について私は非常に大きな大きな違和感があります。

以下は過去記事(注2)でも取り上げた例ですが、例えば旧民法(明治民法)第813条の規定は次のように定めていました:

 

夫婦の一方は左の場合に限り離婚の訴を提起することを得

 一 省略

 二 妻が姦通を為したるとき

 三 夫が姦淫罪に因りて刑に処せられたるとき

 (以下省略)

 

 このように、明治民法では、妻は姦通を行っただけで離婚原因になるのに対して、夫は姦通を行っても姦淫罪で刑に処せられないかぎり離婚原因になりませんでした。

 つまり夫と妻とで、男女不平等な法制度でした。

 戦後の新民法ではこのような男女不平等は法改正により撤廃されました。

 私は、戦後新民法のこのような改正は、法的レベルでの民主化であって、決して、千田氏の言うような「『家』『戸主』といった単語のレベルでの『民主化』」ではないと思いますが社会学者の認識は違うのでしょうか?

 もっとも、千田氏は上記引用個所の後で、「意外にも、家族システムそのものに対する変化をもたらした法改正は、・・・一般に思われているよりもずっと少ない」とも書いています。しかし、「家族システムそのものに対する変化をもたらした法改正」の数が多かったか、少なかったか、という多寡の問題ではなく、個人の尊重、男女の本質的平等、という価値観の根本的な変化があったか否かが重要です。新憲法によって、個人の尊重、男女の本質的平等、という価値観の根本的な変化が起こり、それに伴って、新民法によって上記法改正がなされたのである以上、家族システムにおいて法的レベルの民主化があった、と評価すべきです。

 千田氏は最初のところでは、戦後の新民法では、単語のレベルでの「民主化」が起こっていたにすぎなかった、と述べて戦後の新民法における「民主化」の動きは存在しなかった、と断言しておきながら、後のほうでは、意外にも、家族システムそのものに対する変化をもたらした法改正は一般に思われているよりもずっと少ないが存在はしていた、と、申し訳程度に、民主化の動きが存在した事実を小さく評価して書くという、この千田氏の思考回路はいったいなんなのでしょうか。疑問は尽きません。

  

 (注)

(注1)「家」のメタ社会学 : 家族社会学における「日本近代」の構築。

千田氏には全く同一タイトルでありながら、「博士論文」と、「博士論文ではない論文」という、2つの異なる論文があります。博士論文ではない論文は岩波『思想』No.898号に所収されています。私が今回問題にしているのは千田氏の「博士論文」についてです。

当ブログ過去記事ですでに述べたように、当ブログでは上記2つの論文を区別するため、千田氏の博士論文を「千田博士論文」、岩波『思想』No.898号所収の、博士論文ではない論文を「千田岩波論文」と呼ぶことにしています。

◎「単語のレベルでの民主化」というフレーズは千田岩波論文80頁にもあります。繰り返し書いているところを見ると、千田氏は確信をもって書いているように思われます。

◎「千田博士論文」の「内容要旨」はこちらで公開されています: http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=114893

 

(注2)

★★★千田有紀著、岩波『思想』No898・1999年4月号所収「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」に関する松浦晋二郎の質問【2】 明治民法は今日考えられている以上に、個人主義的な法制度だった??(甲第11号証関連) - 松浦晋二郎ブログ