松浦晋二郎ブログ

民事訴訟は私人間の権利義務を私的自治の範囲内で自由に処分する場であり学問上の真理を確定するための場ではないので民事訴訟と学問上の真理確定とは無関係である。従って自己の著書論文に多数の学問的間違いを書いている学者が、自己の著書論文の学問的間違いを指摘した相手のことを恨み、名誉毀損を理由に民事訴訟で当該相手を訴えて恫喝し無理やり相手に「謝罪文」を書かせてみても学問上の真理を自己に有利に書き換えることは不可能/東大文学部卒業。同志社ロー修了/行政書士試験合格/連絡先ivishfk31@gmail.com

千田有紀氏・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(4)戸田にとって「家」とは、ただ単に戸籍に記入された形態に過ぎない?81頁

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています:

 

【千田氏の記述】戸田にとって「家」とは、ただ単に戸籍に記入された形態に過ぎない。(注1

 

しかしこの 【千田氏の記述】には疑問があります。この点について以下、述べます。

 

千田氏は上記のように書いたうえで、さらに戸田の『家族構成』から次の文章を引用しています:

 

わが国には戸籍上の家なるものがあり、その家が法律上家族なる集団であるかのどとく認められているが、しかし現代わが国民の事実上の生活形式について観るならば、この戸籍上の家なるものは単に帳簿上の族的集団であり、事実上の家族とはかなり縁遠いものである。注2

 

一方、戸田貞三は著書『家族構成』の中で次のように書いています:

戸籍面だけについて人々の族的生活を考察する場合には、わが国民はことごとくいずれかの戸籍の家に加っており、戸籍上の家すなわち家族に所属せぬものはないようになる。しかし戸籍上の家は事実上の家族的共同とは異なるものである。したがって戸籍上全国民がいずれかの家に所属しているからとて、事実上全国民が家族生活をなしているとは云われない。注3)(137頁注5)

・・・このように戸籍上の「家」は種々の点において事実上の家族とは著しく異なる人々を含む場合が多い。したがって戸籍上の記述によって事実上家族生活をなしている者を尋ね出すことはできない。注4)(137頁注6)

 

この戸田の記述からすると、戸田は、戸籍上の「家」は事実上の家族的共同とは異なるものであるものである、との理由から、自分は戸籍上の「家」については研究対象とはしない、自分が研究対象とするのは「事実上の家族」「事実上の家族的共同」のほうである、そのように述べている趣旨に読むのが素直であると思われます。

 

また戸田著『家族の研究』第7章「家系尊重の傾向に就いて」では「古い家、即ち世代を重ねて存続して居る家族団体」(注5)との記述があります。この記述からは、戸田は「家」を「家族団体」という文言に置き換えて記述しています。すると、戸田にとって『家』とは、ただ単に戸籍に記入された形態に過ぎない。」という上記【千田氏の記述】は疑問が出てきます。

 

 この点、米村昭二氏は、論文「『家族研究の動向』ー戦前戦中におけるー」、34頁において、戸田は法制的家(=戸籍上の「家」)と事実上の家を区別した、と述べています。

 

この米村氏の記述を前提に考えると、戸田は「戸籍上の家」と「事実上の家」を概念上区別したに過ぎず、千田氏の主張するように戸田が「家」概念を単に法制的家(=戸籍上の「家」)に過ぎないと考えていたわけではない、ということになります。

 

また米村氏は同論文の同頁において、戸田は「事実上の家」については明らかにしていない、とも述べています。しかしこの点は上ですでに述べたように、戸田『家族の研究』第7章「家系尊重の傾向に就いて」における「古い家、即ち世代を重ねて存続して居る家族団体」(249頁)との戸田の記述からは、戸田は、「家」概念について「事実上の家」という概念を使用せずに「家族団体」という概念に置き換えて使用したと考えられます。つまり戸田は米村氏の言うように「事実上の家」について明らかにしていないのではなく、「事実上の家」概念を「家族団体」という概念に置き換えて「事実上の家」を分析したと考えられます。

 

以上をまとめると次のようになります。戸田は研究対象である「家」概念について「戸籍上の家」と「事実上の家」を概念上区別したうえで、「戸籍上の家」概念を、事実上の家族的共同とは異なるものである、との理由で、研究対象から除外しました。すると研究対象は「事実上の家」になりました。この「事実上の家」は戸田の著書では「事実上の家族」あるいは「事実上の家族的共同」と記述されていることもあるし、「家族団体」と言い換えられて記述されている場合もある、ということになります。

 

以上から、「戸田にとって『家』とは、ただ単に戸籍に記入された形態に過ぎない」という上記【千田氏の記述】は疑問があります。

 

 

[注]

(注1)千田博士論文81頁。千田有紀著『日本型近代家族』(2011年、勁草書房)127頁にも同趣旨の記述がある。

(注2)戸田貞三『家族構成』(1937年版の1970年復刻版)122頁。

(注3)戸田貞三『家族構成』(1937年版の1970年復刻版)137頁注5

(注4)戸田貞三『家族構成』(1937年版の1970年復刻版)137頁注6

(注5)戸田貞三『家族の研究』(1926年、弘文堂書房)249頁。

 

 (2018年11月4日加筆修正)

 

 

【注意:本記事は千田有紀氏の博士論文に関して個人的見解・感想を述べたに過ぎず、千田氏に関して特定の断定的・否定的評価を下すものではありません。】