松浦晋二郎ブログ

民事訴訟は私人間の権利義務を私的自治の範囲内で自由に処分する場であり学問上の真理を確定するための場ではないので民事訴訟と学問上の真理確定とは無関係である。従って自己の著書論文に多数の学問的間違いを書いている学者が、自己の著書論文の学問的間違いを指摘した相手のことを恨み、名誉毀損を理由に民事訴訟で当該相手を訴えて恫喝し無理やり相手に「謝罪文」を書かせてみても学問上の真理を自己に有利に書き換えることは不可能/東大文学部卒業。同志社ロー修了/行政書士試験合格/連絡先ivishfk31@gmail.com

千田有紀氏・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(2)戸田貞三の「家族」の文言を「家庭」に書き換え注釈までつける、千田博士論文81頁

【注意:本記事は千田有紀氏の博士論文に関して個人的見解・感想を述べたに過ぎず、千田氏に関して特定の断定的・否定的評価を下すものではありません。】

 

千田有紀氏(武蔵大学教授)は博士論文の中で戸田貞三(東京帝国大学名誉教授・家族社会学者)の家族学説について次のように書いています(注1)。

 

【引用1】

戸田はたしかに「感情的な一体化」を実態視してしまっているが、「人々の生活内容が複雑になり、家庭外に諸種の社会関係が数多く構成されればされるほど、人々は内心の安定を得やすい家族生活に強い憧憬を感じつつあるとも考えられる」(戸田[1937a→1970:116-115〔ママ〕])といったゲマインシャフトからゲゼルシャフトへ、家族の単なる機能縮小といった学説と一線を画した、「家庭」への憧憬をあおる近代社会の分析をおこなってもいる。

 

【引用2】

ここで、家族の凝集性を述べるときには、「家庭」といい直されているのに、注意する必要があろう。

 

上記【引用2】は【引用1】に千田氏が付けた脚注です。脚注番号は46です。

千田氏は【引用1】では、「」内の部分について戸田貞三の著書『家族構成』(1937年版の1970年復刻版)116-117頁から引用しており、戸田が「家庭」という文言を用いている旨、及び、戸田が「家庭」への憧憬をあおる近代社会の分析を行っている旨、記述しています。

千田氏はこの点に着目して【引用2】を書いた形になっています。

しかし、戸田の『家族構成』(1937年版の1970年復刻版)116頁の原文では「家庭」の文言は存在せず、「家族」と書かれています。

つまり戸田の原文では「家族」の文言が書かれているものを、千田氏は博士論文の本文で「家庭」と書き換えた上でわざわざ脚注をつけて「「家庭」といい直されているのに、注意する必要があろう。」と書いて注意喚起しています。

千田氏の上記記述は、事実に反しています(注2(注3)

以上のような千田氏の行為を、学者の世界ではなんと呼ぶのでしょうか?

またこのような行為は、千田氏のキャリアにどのような結果を招来するでしょうか?

 

 【注】

(注1)千田博士論文81頁。

(注2) 本文で紹介した千田氏の行為は、当ブログ記事「『家』のメタ社会学を読む(1)」で紹介した、「男の論理」を崩すための「言葉の亀裂」理論の具体的適用でしょうか?あるいは「既成のアカデミズム」は男性目線だったとして反対する女性学の立場からの、女性目線による記述でしょうか?私にはよく解りませんが、最低ラインとして、学術論文では客観的事実を正確に記述して欲しいものです。そもそも博士論文というものは人類の知的遺産たるに相応しい内容を有していると認められたからこそ学位授与機関から博士号が授与されるわけです。ところが戸田の著書の「家族」の文言を勝手に「家庭」に書き換えたうえ、書き換え後の「家庭」の文言にあたかも特別な学問的意義があるかのように念を入れて注釈までつけて「注意する必要があろう」とまで書く、ということになると、もはや人類の知的遺産どころか、全く信用ができません。どうして東京大学はこのような論文に博士号を授与したのでしょうか?なんのための東京大学で、なんのための学問で、なんのための博士論文なのか、全く理解不能です。

(注3)千田有紀著『女性学/男性学』(2009年、岩波書店)169頁において、千田氏は自分の大学院時代について次のように書いています。「大学院時代にお世話になった元指導教員の上野千鶴子先生。・・・『とくべつに指導はしない』と公言されている先生のもとで、本当に自由にやらせてもらいました。

 千田氏は何を「本当に自由に」やらせてもらったのでしょうか?