松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

村中璃子「池田元教授から起こされている名誉棄損裁判の進捗が一気にアップデートされました。」

 

 

【法務博士による指摘】

法律上は名誉「棄」損ではなく名誉「毀」損が正しい。

 

 

www.bengo4.com

「周到な取材と科学的検証に基づいて執筆した、子宮頸がんワクチンのマウス実験に関する科学不正を指摘した記事に対し、医学部長で副学長という立場にもあり、厚労省の指名を受け、税金を使って研究を行う大先輩の医師が、科学の問題を科学の場で反証することをせず、法律の問題にすり替えてきたことを極めて遺憾に思います

      ↑

村中氏のこの記述が光っています。学者が、人から学問的なことに関して批判されたり問題点を指摘されたりした場合、学問的に応答するのが筋です。それをせずにいきなり民事訴訟を提起するというのはどういうことなのでしょうか?学問的真理と民事訴訟とは全く関係がない別次元の話です。

 

www.tokyo-np.co.jp