松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

【千田有紀教授が松浦晋二郎に関して書いたウソ】千田教授の11月3日付ツイート以降、千田教授の弁護士から私に「問い合わせ」がきたことは一度もない。

 

f:id:hate5na7:20171130092414p:plain

 

(1)千田有紀教授は「弁護士が問い合わせると」と書いていますが千田教授の11月3日付ツイート以降、千田教授の弁護士から私に「問い合わせ」がきたことは一度もありません。これは千田教授の創作した虚偽事実です。

 まるで私が千田教授に悪事を働いたから千田教授の弁護士から私に問い合わせがきたかのような、閲覧者に対して誤解を与える書き方がなされています。

 11月3日付のツイートで千田教授が突如、私に再び提訴する、と宣言したから「私が」その理由について千田教授の弁護士に問い合わせました。千田教授の弁護士からの回答はまだありません。11月30日時点で千田教授から訴訟提起もされていません。

 

(2)千田教授は、「和解した件は、一区切りついた。これは別件」と言われて仰天しました、と書いています。

 たしかに私は、千田教授が4月に私を提訴した民事訴訟の訴訟物と、私が千田教授から受けた名誉毀損事件の訴訟物とは訴訟物が別なので、別件である、とメールで千田教授に指摘しました。大学教授ともあろう者がなぜこんなに簡単なことですら理解できないのか、なぜ、「仰天」するのか、「仰天」するのはこちらのほうです。

 また私は、私が千田教授と和解した、とは言っていません。この部分は千田教授の創作した虚偽事実です。千田教授が2017年5月11日に行ったのはあくまで「訴えの取下げ」であって「和解」ではありません。「訴えの取下げ」と「和解」は法律的に全く異なる概念です。

 

 (3)私は2017年1月以降千田教授に名誉毀損をされたから名誉毀損をされたと事実を言っているだけです。千田教授の私に対する名誉毀損については、2017年1月以降、旧ブログ上でも千田教授側に何度も抗議してきました。武蔵大学にも電話で何度も抗議しました。千田教授が私を提訴したのは2017年4月末ですから、千田教授が提訴する前から私は千田教授の名誉毀損に対して抗議してきたのです。

2017年1月以降、私が千田教授から名誉毀損を受けた事実関係についてはすでに当ブログでも記事にしました。4月に私が行った謝罪の法的な意味もすでに説明しました。

 

(4)以上のように千田教授はツイッターで、私に関して、繰り返し、繰り返し、執拗に、事実に反することを書き殴るので、本当に迷惑しています。千田氏本人は私が迷惑するのがさぞ面白くて愉快で仕方ないのでしょうが。