松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

私は千田有紀教授の「博士論文」と「博士論文ではない論文」という全く同一タイトルだが2つの異なる論文が存在している事実を知らなかった。

<忙しい方は青字部分だけ読んで下さい>

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

 

 2017年11月4日、千田有紀教授(武蔵大学、以下、敬称略)は次のように述べています。

f:id:hate5na7:20171105170157p:plain 

 これまでにも千田は繰り返し、私が、千田の博士論文を読まずに批判していたと、ネットで拡散しています。たしかに私が、千田の博士論文を読まずにブログで批判していたのは千田の言うとおりです。しかし私は意図的に、故意に、千田の博士論文を読まなかったわけではありません。この点は私なりの事情があります。「松浦は千田の博士論文を読まずに批判だけしていた」という、そこだけを切り取られてネットで永遠に拡散され続けるのは、私としては非常に気持ちが悪いです。そこで以下、事情を説明します。

 千田の論文には、「千田の博士論文(以下、千田博士論文と呼ぶ)」と「千田の博士論文ではない論文」という、全く同一タイトルだが内容の異なる2つの論文があります。

 これら2つの論文は、

「『家』のメタ社会学:家族社会学における『日本近代』の構築」

という全く同一タイトルの論文ですが、内容が異なります。「千田の博士論文ではない論文」は岩波『思想』No.898所収です。

 

 私は2017年2月から4月まで、「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると勘違いして、両者を取り違えて千田の論文を批判する記事を当ブログとは別の旧ブログ(「総合研究所」。「総合研究所」は現在閉鎖中です)において書いていました。

 2017年4月、私は千田から名誉毀損で訴えられました。訴状の主な趣旨は、「千田の博士論文ではない論文」と「千田博士論文」は全く同一のタイトルであるが内容の異なる別の論文であり、「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると私が勘違いして「千田博士論文」に「捏造」「論文不正」の記述がある旨を指摘したことが千田に対する名誉毀損である、というものでした。

 訴状送達後、私が武蔵大学のホームページで確認してみるとたしかに全く同一タイトルの、しかし、別の論文が2つありました(しかし、この点は、千田から、同一タイトルの2つの異なる論文が存在すると指摘された後だから、武蔵大学のホームページを見て、2つの論文が別の論文であると私に判断できるのであって、千田から、同一タイトルの2つの異なる論文が存在すると指摘されていなかった2017年2月時点で武蔵大学のホームページを見ても、2つの論文が異なる論文であるとは私には判断できなかったと思います。なぜなら両者は全く同一タイトルの論文だからです)。

 しかし私は2017年2月に上記ブログ記事を書き始めてから訴状が送達される同年4月までの間、「千田の博士論文ではない論文」と「千田博士論文」という全く同一タイトルの、しかし内容の異なる2つの論文がこの世に存在している事実(以下これを「本件事実」と呼びます)を知りませんでした。そのようなことがあろうとは夢にも思いませんでした。

 2017年4月に訴状が送達されるまでの間、「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると私が勘違いしたままブログ記事を書き続けている点について千田側から一度も指摘を受けたことはありません。

 私は「総合研究所」のトップページに私のメールアドレスを書いていましたので千田は私の上記勘違いを私に連絡しようと思えば簡単に指摘できたはずです。しかし千田は私に連絡しませんでした。私は訴状を読んで初めて本件事実を知りました。寝耳に水でした。私が勘違いしている事実を千田がもっと早い段階で私にメールで指摘してくれていれば私は上記ブログ記事を書き続けることはなかったと思います。そもそも学者が全く同一タイトルの、異なる論文を2つ作成しているというのも非常に紛らわしい話です。千田がどのような意図でこういう紛らわしいことをしているのか、私には解りません。

 なお、2017年2月14日には千田の代理人弁護士を名乗る人物から

 

「貴殿が、・・・千田有紀氏に関しコメントされているいくつかの文章は、明らかに同氏に対する名誉毀損に該当するものと考えております。」

 

とのメールが届きました。しかし当該メールでは具体的に私のどのコメントが名誉毀損に該当するのかについての具体的指摘は全くなかったうえ、私が「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」と誤解して記事を書いている点についての指摘もありませんでした(注1)。

 当該弁護士を名乗る人物は「お電話による対応は致しかねます」と書いたうえで、しかも私の住所を当該人物に教えるよう、一方的に指示していました。私は、当該人物は弁護士を名乗りながら、私のほうから弁護士に電話連絡することは禁じて、しかも私の住所だけを一方的に聞き出そうとするのは、これは偽物の弁護士か、あるいはインターネット詐欺のようなものにちがいない、と不審に思ったので、当該メールに対して返事はしませんでした。2017年4月に届いた訴状を見て当該人物が本物の弁護士であるとやっと解りました。

 意図的に、故意に、やったことではないとはいうものの、私が本件事実を知らずに、「千田の博士論文ではない論文」を「千田博士論文」であると勘違いしてブログ記事を書いていたことは事実です。この点についてはすでに訴訟(訴額870万円)継続中、私と千田の間で「訴えの取下げの合意」を締結した際の合意内容の一つとして千田側の弁護士から提示された条件に従い、私は千田側に謝罪文を書いて自己の旧ブログ上に謝罪文を2週間継続して掲載し、かつ、30万円を支払いました。2017年5月に千田は訴えを取下げ、訴訟は終了しました(注2)。

 以上をまとめると次のようになります。

 2017年2月から4月まで私は千田の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していました。ところが千田は私が上記勘違いをして記事を書いている事実を私に教えずに黙ってじっと見ていて私のブログ記事数が増加した頃合いを見計らって同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴しました。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた、ということです。

 

 以上から、私が、意図的に、故意に、他人の論文を読まずに批判するような人間ではないということをお解りいただければと思います。

 

【注】

(注1)

千田有紀氏は2017年4月30日「Yahoo!ニュース個人」記事

ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか――ネットの損害賠償等請求の経験から(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース

において次のように書いています(下線部分):

弁護士事務所から警告が行った時点で削除に応じてくれていれば、その相当額も必要なかったのであるが。

 

しかし、本文で指摘した通り、千田側の弁護士事務所からたしかに私のところにメールは届きましたが、当該メールでは具体的に私のどのブログ記事が名誉毀損に該当するのかについての具体的指摘は全くなかったうえ、私が「千田岩波論文」を「千田博士論文」と誤解して記事を書いている点についての指摘もありませんでした。千田氏の上記ヤフー記事の書き方では、あたかもこの点の指摘を千田氏が私に対して行ったにもかかわらず私が千田氏の「警告」を無視してブログ記事を執筆し続けたかのような書き方になっていますが、事実は異なる、ということです。

 

千田氏は上記2017年4月30日ヤフー記事で

 博士論文の不正というのは、研究者にとっては、死を意味する。

博士論文の不正を取りざたされることは、私の名誉とクビがかかっている

 と書いていますが、それほどまでに人生の重大事であるのなら、千田氏は、2017年2月の時点で、松浦さん、あなたは「千田岩波論文」を「千田博士論文」と誤解してブログ記事を書いていますよ、と、たった一言、私に連絡すればよかったのです。

 

 

 

(注2)

 千田は2017年11月3日、突如、ツイッターで松浦を名指しで「今度は裁判するよ」と言って「訴訟提起宣言」を行った:

f:id:hate5na7:20190723055935p:plain

 千田が2017年11月3日になって突如、上記「訴訟提起宣言」を行った理由は必ずしも明らかではないが、千田の言動から推測すれば、松浦が2017年6月以降、当ブログを新たに開始し、2017年1月以降千田が松浦に対して行った多数の名誉毀損の事実を当ブログにおいて指摘したことが、千田にとっては、2017年4月末の松浦の千田への「謝罪」を転覆させる行為であるかのように映ったことが原因であるようである。千田の目には松浦がブログを新しく作ったことは、松浦が名誉毀損を「再開」したと映ったようである。

 松浦は、松浦の千田に対する名誉毀損の件と、千田の松浦に対する名誉毀損の件とは、「訴訟物」が別であるので、前者について松浦が千田に謝罪したとしても、後者について千田が免責されるわけではないし、また、後者について松浦がブログで記事を書いても、それは前者とは全く無関係である旨、メールを送って、千田に言葉を尽くして説明したが、千田には理解できなかったようである。

 その後、結局、現在に至るまで千田は訴訟提起してこなかった。千田の訴訟提起宣言は松浦にとっては全く迷惑この上ない話であり、松浦は千田の訴訟提起宣言によって多大の精神的苦痛を受けた(=民法709条、不法行為)とともに対応に莫大な時間を浪費させられた。

 千田は同年11月3日、松浦の上記「謝罪文」スクリーン・ショットを自己のツイッターアカウント「千田有紀」のトップページ上に、固定ツイートで、松浦の実名記載の上、掲示し始めた:

f:id:hate5na7:20190719141111p:plain

(黒塗り部分は2017年4月末時点の松浦の「謝罪文」。

 

 千田のこの行為は「松浦が自己のブログ上で2週間だけ謝罪文を掲示すれば松浦の氏名は公表しない」という上記「訴え取下げの合意」条件に違反しているので上記「訴え取下げの合意」違反である。

 もしも上記「訴え取下げの合意」の時点で、将来的に千田によって、千年先まで、未来永劫、松浦の「謝罪文」スクリーン・ショットが松浦の実名とともに掲示され続けることが予め解っていれば松浦は絶対に千田に「謝罪」しなかった。千田側が松浦に提示した条件が「松浦が30万円を千田側に直ちに支払い、かつ、松浦のブログに2週間だけ謝罪文を掲示すれば千田は訴えを取り下げる。松浦の氏名も公表しない」という条件であったからこそ松浦は上記「訴え取下げの合意」を千田と締結したのである。しかも上記「謝罪文」スクリーン・ショットが添付された2017年11月3日付の千田のツイート本文には事実に反する記述や、松浦を侮辱する記述、松浦に対する名誉毀損の記述が含まれており、松浦の人格を傷つけるとともに閲覧者に対して事実関係について重大な誤解を与える内容になっている。

 

 

<関連記事>

千田有紀訴訟の事実経過及びその後の事実経過

千田有紀が執筆したフェイク・ニュース:2017年4月30日Yahoo!ニュース記事「ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか」