松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

WAN

WANは、そして千田有紀氏は、なぜデータベースに「千田博士論文」の誤情報を掲載し続け、閲覧者に対して誤解を与え続けるのか?

私は2017年11月29日、2017年12月5日に次の記事を書きました: 【2017年11月29日】 ◎【WANの異常事態】WANの博士論文データベースではなぜ、千田有紀教授の博士論文を読むことができないのか。「学位論文要旨」しか登録されていないのはなぜか。 - 松浦晋二郎…

他人に民事訴訟まで提起するほどの重大事なら、千田有紀教授は、WEB閲覧者が誤解しないよう、博士論文に関する正確な情報をWANのデータベースに記載すべきです。

WANのデータベース: WS/GS学位論文データベース 検索 で上野千鶴子の博士論文も、他の多くのジェンダー学者の博士論文もWEB上で閲覧できる状態であるにもかかわらず千田有紀教授の博士論文だけは閲覧できない状態が続いていることはすでに記事にしました: …

【WANの異常事態】WANの博士論文データベースではなぜ、千田有紀教授の博士論文を読むことができないのか。「学位論文要旨」しか登録されていないのはなぜか。

wan.or.jp WANの博士論文データベースにはなぜ、千田有紀教授の博士論文が登録されていないのか。いや、形式上、登録されてはいるが「学位論文要旨」しか読むことができない。千田教授の博士論文そのものは読むことができないのである。師匠の上野千鶴子の博…