松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

小倉秀夫弁護士

小倉秀夫弁護士発言「ファクトベースで議論をする人たちとフェミニズムとの相性は良くない。」

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/948200547080798210 小倉秀夫弁護士クラスの弁護士になると、物事の本質がよく解っていらっしゃいます。さすがです。 【参考】 最新のジェンダー学理論によれば、客観的事実の存在自体が怪しい、と主張し客観性も中…

野放しってわけではない。小倉秀夫弁護士

note.mu 小倉秀夫弁護士のブログ記事、ツイート、は日本社会に流布するデマツイート、トンデモ言説、を撃退します。 宇宙戦艦ヤマトで言えば放射能除去装置のようなものです。 上記記事を熟読しましょう。

小倉秀夫弁護士ご発言:フェミニズムにおいては、①男どもよ、競争から降りろ、収入の多い仕事を女たちに明け渡せ→②金のない男が結婚したいだ?女性とセックスしたいだ?女性の人権をなんだと思っているのだ→③ 男どもが二次元映像等を性的に消費するのも女性の人権侵害だ、許せない!ってことになるんですよね。

小倉秀夫弁護士がフェミニズムを批判する発言をされました: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/1056096476093267968

小倉秀夫弁護士ご発言:社会学系の人たちって、自分たちの業界のジャーゴンをぶつければ論破できたと考えているだけのような気がしますね。それで負けを認めない奴は社会学の基礎を知らない奴だと切って捨てる。でも、社会学の理論体系自体が、社会学者以外に何の意味も持っていないんだけど。2018/10/25

小倉秀夫弁護士が社会学を批判されました: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/1055610710170816512 〔その他のツイート〕 https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/1055388816771473408

〔記事紹介〕増えつつある女性の「下方婚」―夫は大黒柱ではなく協力者

jp.wsj.com それ、米国の話ですね。RT @online_checker: @chitaponta 四年前のウォールストリートジャーナル「増えつつある女性の「下方婚」―夫は大黒柱ではなく協力者」https://t.co/lKQX3perTi — 小倉秀夫 (@Hideo_Ogura) October 26, 2018

小倉秀夫弁護士:性的搾取と性的消費 2018/10/08

note.mu 小倉秀夫弁護士は上記記事において次のように指摘されています(青字部分): 社会学者やフェミニストの方々は「性的搾取」「性的消費」という言葉を糾弾的な意味でよく用います。ただ、独自の用語について定義を示すことによって批判を受けやすくす…

小倉秀夫弁護士発言:「千田有紀さんのことを東京大学から東京大学の大学院で修士号、博士号を取り、現在は武蔵大学で社会学を教えている上位階層の人間だと知っていれば、下々はその言うことに従うと思ったんですかね。」ほか4ツイート

小倉秀夫弁護士が千田有紀氏(武蔵大学)のヤフー記事及びツイートに関してコメントされました: 「表現の自由」はどのように守られるべきなのか? 再びキズナアイ騒動に寄せて(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース https://twitter.com/chitaponta/status/10…

懲戒請求書の写しの交付と個人情報 小倉秀夫

懲戒請求書の写しの交付と個人情報

小倉秀夫弁護士:俺様ルールで「弱者」と「強者」をカテゴライズした上で、「弱者」から「強者」への攻撃については「強者」はこれを甘受すべきと言う謎理論、女性専用車両問題や、大量懲戒申立て問題とかで広く活用されていますね。

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/997514715134750726

小倉秀夫弁護士:はっきり言ってリベラル気取りの連中が、男性憎悪、男性蔑視をリベラルの必須要素であるかのように言い募るのは、アンチリベラルを増やすだけで、百害あって一利なしなんだよね。

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/997293557667938309 本当に頭のよいリベラルの女性は、片山さつき先生のように 「あなたは全国模試で1位、1位、3位、1位だったそうですね。私は1位、1位、1位、1位でした」 と勝ち誇ったように言うはずです(下記参…

小倉秀夫弁護士発言:大学院の博士課程では、特定の言葉を独自定義で用いるときはその都度その定義を示すなど、誤読をされないような工夫をする訓練をしないんですかね。

小倉秀夫弁護士が重要な指摘をされました: 社会学やジェンダー学といった学問分野では、学者が、概念の定義をせずに意味内容の曖昧不明確な概念を論文で用いたり、言語不明瞭・趣旨不明瞭な内容の文章を論文で書いたりすることは自己の身を守るための強力な…

小倉秀夫弁護士発言:男=マジョリティ、女=マイノリティという公式を押しつけることによって、富裕層のお嬢様たちは、実際には生まれながら特権的な地位を享受していながら、自分たちは不当に不遇であったとして、様々な便宜を要求できる立場に身を置けるのですね。

【女性専用車両】小倉秀夫弁護士発言:女性を尊重し、男性を蔑視する社会だからこそ、男性の一部が女性の一部に痴漢をしたというだけで、男性全体を女性から隔離する場所が設けられるんですよ。

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/993783741582458880

小倉秀夫弁護士発言:女性差別撤廃条約上の「女子に対する差別」とは、「性に基づく区別,排除又は制限」(1条)をいうのであって、その社会において女性を被害者とする犯罪がなお存在していることはそのいずれにもあたりません。

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/989181570513694722 https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/989181693952053248 https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/989181887280136192 https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/989181947426488320 https:/…

小倉秀夫弁護士発言:日本人男性と言うだけで公然と敵視され公的スペースから排除されてもなお、そういう女性たちのために「ああ、私たちが全て悪いんだ。どうすればあの人たちに受け入れてもらえるんだろう」として、次々と自分たちの権利を放棄してくれる男性だけだったら良かったですね。

note.mu

小倉秀夫弁護士発言:日本のフェミニズムはなぜか表現規制に積極的であり、その意に沿わない表現活動を抑圧するために刑罰法規を新設するよう働きかけることをしばしば行ってきたことは、歴史的事実なんですよね。リベラリズムは、これに反対してきた。

日本のフェミニスト(女性ジェンダー学者・女性弁護士など)の中にはたしかに表現規制に積極的な人をしばしば見かけます。 性的表現に関しては特に厳格で、まるで戦前の特高警察かと思うほどです。

小倉秀夫弁護士発言:「言ってもいないことを言ったかのようにみせかけられた」とクレームを付けてくる人のほとんどは、その部分で何を言おうとしていたのかを、元の文言から論理的に説明する作業をしないんですよね。ご自身でご自身の発言の意味を示せば一番早いのに。

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/984964810155745280 最近は大学教授でも著書論文にデタラメを書いておいて、人から学問的な間違いを指摘されたり批判されると、「名誉を毀損された!」「誹謗中傷された!」といって騒ぎ立てる教授がいるようです。…

小倉秀夫弁護士皮肉ツイート:刑罰が重くて、取り返しの付かないものであればあるほど、でっち上げの愉快度が高まりますね。

小倉秀夫弁護士が皮肉ツイートをされました: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/983583061806739456

小倉秀夫弁護士発言:だいたい、東大の大学院出て博士号取った女性に「男性はマジョリティだ」といわれて、弱者である私たち女性の言うことを聞けと言われたって、・・・

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/977779035492134912

【★★★★★】小倉秀夫弁護士が痴漢冤罪の恐ろしさについてツイートされました

(最高裁判所第三小法廷 平成21年4月14日刑集第63巻4号331頁)小倉秀夫弁護士発言:要するに、客観証拠から言えば、被告人を犯人とする要素は何もなかったのに、自称被害者の供述だけで、第一審、第二審と有罪判決が下されてしまったわけですよ。

判決原文は下記リンク先で読むことができます: 【裁判所判例検索】最高裁判所第三小法廷 平成21年4月14日刑集第63巻4号331頁 http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=37531 https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/979414356684230656 【関連記…

小倉秀夫弁護士がフェミニズム女性の女性専用車両の論理を要約「Aの非Aに対するものが非AのAに対するものより特に多い犯罪をことさらピックアップして、これを未然に防ぐためという目的設定をした上で、非Aがその犯罪に被害に遭った場合の不利益と、Aがその場所から排除された場合の不利益とをダイレクトに比較する。これなら、Aの排除が簡単に正当化できる。」

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/978403663487025152

小倉秀夫弁護士の記事「女性専用車両と人格権」

小倉秀夫弁護士が新記事「女性専用車両と人格権」を執筆されました: note.mu 特に光ってるのは次の論証です(青字部分): 私人により基本的人権が具体的に侵害された場合であってもそれが「社会的に許容しうる」ものである場合には民法1条、90条や不法…

小倉秀夫弁護士発言「社会学の世界では、被告人が男性である場合に限って特別ルールを適用して男性に対してのみ特別に不利益を課すのは無問題かもしれませんが、法学系にはそれ、通用しませんしね。」

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/972295408763326464 ◎千田有紀氏(武蔵大学教授)は次のように発言しています:

小倉秀夫弁護士「同様に、男性を貶めることで自分たちの立ち位置を高めようとするフェミニズムの問題も指摘して欲しかった。」

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/971197387975794689

小倉秀夫弁護士発言:フェミニズムの方々は「非対称性」という呪文を唱えれば「強者」の人権をいくらでも制約できると思っているようなんだけど、「非対称性」って、法学の人間からすると、人権の制約法理に含まれないんですよ。

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/971059072274280448 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー