松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

千田有紀

千田有紀教授(武蔵大学)の松浦晋二郎に対する名誉毀損・ハラスメントまとめ、「訴え取下げの合意」違反

千田有紀氏の松浦晋二郎に対する名誉毀損・ハラスメント など 千田有紀訴訟 これまでの事実経過 - 松浦晋二郎ブログ 【1】武蔵大学・千田有紀教授の松浦晋二郎に対する名誉毀損(千田教授2017年1月8日付、5月6日付ツイッター発言) - 松浦晋二郎ブログ 【2】…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(1)~(17)(2017年4月に千田有紀が松浦晋二郎を提訴した訴訟は同年5月、千田の訴え取下げにより終了した。本記事(1)乃至(17)は松浦が「千田博士論文」に関して2018年3月以降に新たに執筆した記事である。以後、現在までの間、本記事(1)乃至(17)で指摘した学術上の問題点に関する千田側からの学術的応答・反論は一切存在しない。)

千田有紀氏の博士論文の審査委員「主査」は上野千鶴子氏です。 http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=114893 千田有紀氏(武蔵大学教授)の論文には、「千田氏の博士論文」(以下これを「千田博士論文」と呼びます)と「千田氏の博士論文…

東大祝辞・上野千鶴子インタビュー 「当たり前のことを言っただけ」〈AERA〉

東大祝辞・上野千鶴子インタビュー 「当たり前のことを言っただけ」〈AERA〉 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00000031-sasahi-soci&p=1 上野千鶴子が審査委員「主査」として審査した上野の直弟子・千田有紀氏の博士論文を読むことはあな…

「Yahoo!ニュース個人」における千田有紀氏の私に対する名誉毀損記事の削除をヤフーに対して求めました。

「千田有紀訴訟」に関してはこれまでにも繰り返しお伝えしてきました: 千田有紀訴訟の事実経過及びその後の事実経過 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com) 千田有紀氏執筆にかかる「Yahoo!ニュース個人」記事において千田氏が私に関して事実…

上野千鶴子氏の東大スピーチ「納得と、それでも消えない疑問」(現代ビジネス)御田寺 圭

gendai.ismedia.jp 上野千鶴子が審査委員「主査」として審査した上野の直弟子・千田有紀氏の博士論文を読むことはあなたさまが上野を知るための大きな手掛かりとなることでしょう(これは同時にあなたさまが「東京大学」を知ることでもあります): ◎千田有…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(17) 戦前の日本の「家」研究において、「家」というものが、制度、特に法制度と同一視された??千田博士論文117頁

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています: ここで、戦前の日本の「家」研究と戦後の家族研究に、ひとつの断絶が生じているのを見るのは、容易である。つまり、「家」というものが、制度、特に法制度と同一視されたため、戦後はそれが消滅したと…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(16)ここまでのまとめ

1 これまで千田有紀著博士論文「『家』のメタ社会学」について記事を書いてきましたが、ここまでのまとめをしておきたいと思います。 この記事では以下、私の推測や感想も入りますのでもしかしたら私の誤解や間違い等もあるかもしれませんのでその点は予め…

東京大学の博士論文を入手する方法

東京大学の博士論文を入手する方法としては、 国立国会図書館の複写サービス(下記注※)を利用して郵送してもらう方法、 があります。 「利用者登録」が必要になります。 ただし著作権との関係で全ページの「半分だけ」しか複写してもらえません。 また、国…

WANは、そして千田有紀氏は、なぜデータベースに「千田博士論文」の誤情報を掲載し続け、閲覧者に対して誤解を与え続けるのか?

私は2017年11月29日、2017年12月5日に次の記事を書きました: 【2017年11月29日】 ◎【WANの異常事態】WANの博士論文データベースではなぜ、千田有紀教授の博士論文を読むことができないのか。「学位論文要旨」しか登録されていないのはなぜか。 - 松浦晋二郎…

現役東大生だが上野千鶴子の祝辞はゴミだと思う

現役東大生だが上野千鶴子の祝辞はゴミだと思う

日本は1960年代後半から1970年代にかけて殺害された女性の半数が、恋人や夫によって殺されても、警察は民事不介入だった??千田有紀著『女性学/男性学』66頁

千田有紀氏(武蔵大学教授)は著書『女性学/男性学』の中で次のように書いています:: この記述は第2波フェミニズムと呼ばれる1960年代後半から1970年代にかけての記述です。 これによれば当時の日本では殺害された女性の半数が、恋人や夫によって殺されて…

上野千鶴子の東大入学式祝辞「これまで誰も見たことのない知」ってどんなもの?2019年度

2019年4月12日、上野千鶴子(東京大学名誉教授)は東京大学入学式祝辞: https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html の中で次のように述べました: 「大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見た…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(番外編) 長谷川[1980:24]とは、長谷川氏のどの著書か?千田有紀氏は出典を明示せよ。千田博士論文165頁

千田有紀氏は博士論文165頁において次のように書いています: 千田氏が引用している「」の部分について「長谷川[1980:24]」と書かれているので長谷川氏のどの著書からの引用なのかと思って千田博士論文の「文献目録」を見ますと次のように書いてあります: …

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(15) 西川祐子氏の「家」制度は、農村の家族である?「都市の家族」が、「家庭」であり、「近代家族」に対応するのに対し、「農村の家族」は、「家」と捉えられている??千田博士論文154頁。

千田有紀氏は博士論文154頁以降、西川祐子氏の「家」について検討するにあたって次のように書いています(傍線部分): 次に西川の立論を検討しよう。西川は戦前を「家」/「家庭」の二重制度、そして戦後は「家庭」/「個人」の新二重制度と概念化する(西川…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(14)米村昭二氏が発見した小山隆「大家族」概念についての研究成果を無断利用し千田自身の研究成果として記述。千田博士論文118頁

米村昭二氏は論文『家族研究の動向』(社会学評論)(注1)33-34頁において小山隆の大家族制に関して次のように書いています(傍線部分): 大家族制についても「広く大家族とは、親子中心の家族であるが、ここに問題とする大家族とは、単に家長の直系尊卑…

千田有紀氏(武蔵大学教授)が執筆したフェイク・ニュース 2017年4月30日Yahoo!ニュース記事「ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか」

千田有紀氏は2017年4月30日に次のYAHOO!ニュース記事を執筆しています: news.yahoo.co.jp しかし千田氏のこの記事はフェイク・ニュースです。 なぜこの記事がフェイク・ニュースなのかというと、この記事には次の(事実1)ないし(事実6)が、一切、書かれ…

ロンダ・シービンガー著『女性を弄ぶ博物学――リンネはなぜ乳房にこだわったのか』を読む

私はいま、千田有紀教授が『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』(岩波書店、2009年)の中で「実に興味深い」(20頁)と絶賛されている ロンダ・シービンガー著『女性を弄ぶ博物学――リンネはなぜ乳房にこだわったのか』 を読んでいます。 「おや?」と疑問に…

千田有紀氏の博物学者カール・フォン・リンネについての記述は著しく公正さを欠いている。『女性学男性学』18-21頁

1 千田有紀氏(武蔵大学教授)は著書『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』(岩波書店)の中で「分類学の父」として知られるスウェーデンの博物学者、カール・フォン・リンネ(1707年~1778年)について書いています。 それによるとリンネは人間に「哺乳類…

千田有紀教授のデタラメ生物学 「大腸菌」、「ヒドラ」、無性生殖、『女性学/男性学』1頁

武蔵大学教授・千田有紀著『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』(岩波書店)1頁には「大腸菌」と「ヒドラ」について次の記述があります(青字部分): ◎大腸菌は単性生殖をする生き物の仲間なので、同じ遺伝子情報をもつ個体を増やしていきます。 ◎生殖に性…

千田有紀氏は廣松渉氏の発言の出典を明示せよ  千田有紀著『女性学/男性学』「はじめに」ⅵ頁~ⅶ頁

千田有紀氏は著書『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』(岩波書店)の「はじめに」ⅵ頁からⅶ頁にかけて哲学者・廣松渉氏の発言を紹介したうえで当該発言を「典型的な誤謬(間違い)」と書いて廣松氏を批判しています。 しかし同書では、廣松氏が当該発言を行…

剽窃疑惑で話題沸騰中の渡辺真由子氏・博士論文の正式名称:『児童ポルノ規制の新たな展開 : 創作物をめぐる国内制度の現状及び国際比較による課題』

剽窃疑惑で話題沸騰中の渡辺真由子氏の博士論文の正式名称は 児童ポルノ規制の新たな展開 : 創作物をめぐる国内制度の現状及び国際比較による課題 というのだそうです。 国立国会図書館オンラインで調べてみたところ、 「利用中 (返却予定日: 2018年12月10…

〔歓喜踊躍!〕古谷有希子「妹が死んだおかげで、何もかも解決された」

2015年5月、社会学者の古谷有希子氏@SociYuは妹の死を歓喜踊躍しています: 社会学者の千田有紀氏は次のように説いています(=「人間の証明」理論):

〔井上武史氏が千田有紀氏を批判〕千田先生、貧困や執行の簡素化は重要な問題ですが、さすがにこのような言い方はよくないと思います。裁判や合意で決められた養育費を、子どものためと思って、毎月誠実に支払っている、あるいは支払おうとする非監護親もいるわけなので。

https://twitter.com/chitaponta/status/1066845187974918144 https://twitter.com/inotake77/status/1066863360531062784

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(13)「戦後民法はある面で明治民法と連続性を持っている。」???(46頁)

千田有紀氏(武蔵大学教授)は東京大学博士論文46頁において次のように書いています(青字部分): 戦後民法はある面で明治民法と連続性を持っている。『妻は夫の家に入り、入夫は妻の家に入る』といった旧民法788条と、「協議によって夫または妻の氏を名のる…

『女性学/男性学』(千田有紀著)の読書感想文 kanzouya (@kanzouya) 氏「ジェンダー学界隈の学問に対して深刻な疑念を抱きました。」

ツイッターでkanzouya (@kanzouya)氏が千田有紀著『女性学/男性学』の読書感想文を書かれました。多くの重要な指摘がされており、大変勉強になる内容です。 https://twitter.com/kanzouya/status/1064200622197469184

百田尚樹氏と、千田有紀氏と、どちらの日本史が正しいのか?大虐殺の有無

話題沸騰中の百田尚樹氏の新刊『日本国紀』には次の記述があるそうです: 百田氏によれば日本の歴史には、大虐殺はない、とのことです。 しかし社会学者の千田有紀氏の著書には次の記述があります: この記述は第2波フェミニズムと呼ばれる1960年代後半から1…

関大のアカハラ訴訟で賠償命令 教授が院生の研究侵害 2018/4/25 共同通信社 

関大のアカハラ訴訟で賠償命令 教授が院生の研究侵害 2018/4/25 21:2610/6 11:43updated ©一般社団法人共同通信社 関西大大学院に在籍していた大阪府豊中市の泉翔さん(31)が、指導教員だった社会学研究科の男性教授から、研究を中止させられるなどのアカデ…

2018年11月4日、「千田有紀氏・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(4)」を加筆修正しました:

2018年11月4日、下記記事を加筆修正しました: 千田有紀氏・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(4)戸田にとって「家」とは、ただ単に戸籍に記入された形態に過ぎない?81頁 - 松浦晋二郎ブログ 解りにくい表現を書き改め、より解りやすい表現にしました…

千田有紀著『日本型近代家族』のナゾ:「だいたい半分の女性は夫とは別の姓を名のっていたといわれている」(8頁)

千田有紀氏は著書『日本型近代家族』(2011年、勁草書房)の中で次のように書いています: ひとびとがまだ知らない「家族」とは何かを国民に教えるために、国家自体も試行錯誤の連続を繰り返した。例えば、今では「日本の伝統」と考えられがちな夫婦同姓…

千田有紀訴訟の事実経過及びその後の事実経過 

「千田氏有紀訴訟」とは2017年4月末に千田有紀氏(武蔵大学教授)がインターネット上の名誉毀損を理由に私(=松浦晋二郎)を提訴し、同年5月12日に千田氏の訴え取下げによって終了した民事訴訟を言います。 千田氏も私も同じ東京大学文学部社会学科の卒業生…