松浦晋二郎ブログ1(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

千田有紀

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(1)~(17)(2017年4月に千田有紀が松浦晋二郎を提訴した訴訟は同年5月、千田の訴え取下げにより終了した。本記事(1)乃至(17)は松浦が「千田博士論文」に関して2018年3月以降に新たに執筆した記事である。以後、現在までの間、本記事(1)乃至(17)で指摘した学術上の問題点に関する千田側からの学術的応答・反論は一切存在しない。)

千田有紀氏の博士論文の審査委員「主査」は上野千鶴子氏です。 http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=114893 千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(1)「戸田は戦後的状況とは異なり、日本の家族を欧米の家族と相反するもの…

千田有紀教授(武蔵大学)の松浦晋二郎に対する名誉毀損・ハラスメントまとめ、「訴え取下げの合意」違反

千田有紀氏の松浦晋二郎に対する名誉毀損・ハラスメント など 千田有紀訴訟 これまでの事実経過 - 松浦晋二郎ブログ 【1】武蔵大学・千田有紀教授の松浦晋二郎に対する名誉毀損(千田教授2017年1月8日付、5月6日付ツイッター発言) - 松浦晋二郎ブログ 【2】…

千田有紀教授はいったい、何をしているのか?山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学』刊行後の千田有紀

話題の書、山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学』には離婚後共同親権制度導入問題について考える上で非常に興味深い記述が具体的データとともに示されている。 この点については当ブログでも下記記事で紹介した: 離婚後共同親権導入に関して、山口慎太郎『…

離婚後共同親権導入に関して、山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学』にはどのような記述があるのか

◎山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学』によれば、アメリカのある研究では、共同親権制度の導入によって、離婚した母親が子供の養育費を受け取る確率が9パーセント上がった、という(249頁)。 ◎山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学』によれば、アメリカの研…

牟田和恵教授は杉田水脈議員を名誉毀損罪(刑法230条1項)で「告訴」した、という。⇒現在では「提訴」に訂正済み

キャンパス・セクシュアル・ハラスメント・全国ネットワーク » 全国集会情報 のホームページ 及び 「キャンパス・セクシュアル・ハラスメント全国ネットワーク 第 25 回 全国集会 in 東京」のチラシPDF:http://cshnet.jp/wp-content/uploads/2019/06/%E5%85…

千田有紀ヤフーニュース記事の問題点:「児童扶養手当の現況届の罰ゲーム 食事や相手の家への訪問回数まで報告?」20190803

news.yahoo.co.jp ◎千田有紀は2017年9月27日武蔵野市長選挙において松下玲子候補の応援演説を行い松下氏が当選したが、武蔵野市では児童扶養手当の「現況届」に関してどのような取り扱いをしているのか。武蔵野市は上記記事で指摘されているのと同じ取り扱い…

小倉秀夫弁護士発言「ファクトベースで議論をする人たちとフェミニズムとの相性は良くない。」

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/948200547080798210 小倉秀夫弁護士クラスの弁護士になると、物事の本質がよく解っていらっしゃいます。さすがです。 【参考】 最新のジェンダー学理論によれば、客観的事実の存在自体が怪しい、と主張し客観性も中…

松浦晋二郎は千田有紀教授に対して千田博士論文に関する松浦の問題提起についての学術的応答を求める。同時に千田教授に対して事実関係を正確に記載した公正なニュース記事の執筆を求める。「無法地帯」としての「Yahoo!ニュース個人」

千田有紀教授(武蔵大学)は2019年4月8日Yahoo!ニュースで次の記事を書きました: 私たちはなぜnetgeekを提訴したのか フェイクニュースの問題点(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース この記事の中で千田氏は次のように書いています: 事実無根の事実を拡散さ…

租税法 浅妻章如教授発言:「フェミニズムほど容赦ない批判を受けて、それにきちんと応じてきた思想はない」が真と仮定すると、即ち他分野での批判・応答を超えるレベルにフェミニズムがあると仮定すると、フェミニズム論者は僅かだろう。少なくとも「~ほど~ない」という最上級の形容を検証可能でない形で語る人は違うだろう。

https://twitter.com/chitaponta/status/927176502923235328 https://twitter.com/asatsuma/status/927326820390772736 租税法 浅妻章如

千田有紀氏:マイナンバーが出てくるまでほとんど戸籍名を使ったことがなかったので、戸籍名は偽名だとしか思ってなかった。偽名を持つのはありがたかった。

https://twitter.com/chitaponta/status/1135674183449374720 夫婦同姓制度にも夫の姓を「偽名」として用いる利用価値はある、ということでしょうか。

千田有紀氏は矛盾しているのではないのでしょうか?

https://twitter.com/chitaponta/status/1129535425696026625 WAN「女性学ジャーナル」編集委員の千田有紀氏はNHK番組のキズナアイに関して、女性が男性のノーベル賞受賞者の話の聞き役になっているのはけしからん、女性は白衣を着て人前で講義をする立場で…

歴史学者(日本史)から沈黙されている『戦争と性暴力の比較史へ向けて』(上野千鶴子ほか)

east-asian-peace.hatenablog.com 上記記事にも書かれているように、歴史学者が、「事実」は、文書資料、証言、物証などによって構成されなければならないということは、歴史学では当たり前のことである(吉見義明)、と考えていたところを、上野千鶴子から…

千田有紀(武蔵大学教授)のインターネット戦略・「不作為」による社会的抹殺

千田有紀(武蔵大学教授)のインターネット戦略は、 (1)積極的に事実に反する記述や発言を行うという「作為」によって自己のイメージをアップさせる(もしくは相手方のイメージをダウンさせ社会的に抹殺する)戦略 と、 (2)閲覧者に対して重要な事実を隠…

千田有紀氏:子どもの扶養や控除(当時)を私につけようとしたら、私の方が低収入だと拒否されてもめた。育児休業とるのは多くは女性で、当面は収入が低くなる。 別居などすると、児童手当や控除を監護していない親が取得していて子どもに渡らない例も多い。

https://twitter.com/chitaponta/status/1122299709945573377 子どもの扶養や控除(当時)を私につけようとしたら、私の方が低収入だと拒否されてもめた。育児休業とるのは多くは女性で、当面は収入が低くなる。 別居などすると、児童手当や控除を監護してい…

2019年度東京大学入学式祝辞において「公正」な社会の重要性を説いた上野千鶴子は千田有紀氏の博士論文についても「公正」かつ厳正に審査を行ったはずであり、上野千鶴子の「公正」かつ厳正な論文審査をパスした結果、東京大学から千田氏に博士号が授与されているはずですから、千田氏は私の上記質問くらいは簡単に回答できるはずであり、回答できなければおかしい。

私はこれまで千田有紀氏の博士論文について多くの記事を書いてきました(注1)が、私の述べていることは至ってシンプルです。 たとえば 千田氏は博士論文の中で戦前の有賀喜左衛門について、 戦前・・・有賀ですら、「家」は社会を規制するのではなく、「家…

「Yahoo!ニュース個人」における千田有紀氏の私に対する名誉毀損記事の削除をヤフーに対して求めました。

「千田有紀訴訟」に関してはこれまでにも繰り返しお伝えしてきました: 千田有紀訴訟の事実経過及びその後の事実経過 - 松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com) 千田有紀氏執筆にかかる「Yahoo!ニュース個人」記事において千田氏が私に関して事実…

上野千鶴子氏の東大スピーチ「納得と、それでも消えない疑問」(現代ビジネス)御田寺 圭

gendai.ismedia.jp 上野千鶴子が審査委員「主査」として審査した上野の直弟子・千田有紀氏の博士論文を読むことはあなたさまが上野を知るための大きな手掛かりとなることでしょう(これは同時にあなたさまが「東京大学」の現状を知ることでもあります): ◎…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(17) 戦前の日本の「家」研究において、「家」というものが、制度、特に法制度と同一視された??千田博士論文117頁

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています: ここで、戦前の日本の「家」研究と戦後の家族研究に、ひとつの断絶が生じているのを見るのは、容易である。つまり、「家」というものが、制度、特に法制度と同一視されたため、戦後はそれが消滅したと…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(16)ここまでのまとめ

1 これまで千田有紀著博士論文「『家』のメタ社会学」について記事を書いてきましたが、ここまでのまとめをしておきたいと思います。 この記事では以下、私の推測や感想も入りますのでもしかしたら私の誤解や間違い等もあるかもしれませんのでその点は予め…

東京大学の博士論文を入手する方法

東京大学の博士論文を入手する方法としては、 国立国会図書館の複写サービス(下記注※)を利用して郵送してもらう方法、 があります。 「利用者登録」が必要になります。 ただし著作権との関係で全ページの「半分だけ」しか複写してもらえません。 また、国…

WANは、そして千田有紀氏は、なぜデータベースに「千田博士論文」の誤情報を掲載し続け、閲覧者に対して誤解を与え続けるのか?

私は2017年11月29日、2017年12月5日に次の記事を書きました: 【2017年11月29日】 ◎【WANの異常事態】WANの博士論文データベースではなぜ、千田有紀教授の博士論文を読むことができないのか。「学位論文要旨」しか登録されていないのはなぜか。 - 松浦晋二郎…

現役東大生だが上野千鶴子の祝辞はゴミだと思う

現役東大生だが上野千鶴子の祝辞はゴミだと思う

日本は1960年代後半から1970年代にかけて殺害された女性の半数が、恋人や夫によって殺されても、警察は民事不介入だった??千田有紀著『女性学/男性学』66頁

千田有紀氏(武蔵大学教授)は著書『女性学/男性学』の中で次のように書いています:: この記述は第2波フェミニズムと呼ばれる1960年代後半から1970年代にかけての記述です。 これによれば当時の日本では殺害された女性の半数が、恋人や夫によって殺されて…

上野千鶴子の東大入学式祝辞「これまで誰も見たことのない知」ってどんなもの?2019年度

2019年4月12日、上野千鶴子(東京大学名誉教授)は東京大学入学式祝辞: https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html の中で次のように述べました: 「大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見た…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(番外編) 長谷川[1980:24]とは、長谷川氏のどの著書か?千田有紀氏は出典を明示せよ。千田博士論文165頁

千田有紀氏は博士論文165頁において次のように書いています: 千田氏が引用している 「問題は、ヴェーバー等の・・・・とらえたところにある」 の部分について 「長谷川[1980:24]」 と書かれているので長谷川氏のどの著書からの引用なのかと思って千田博士論…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(15) 西川祐子氏の「家」制度は、農村の家族である?「都市の家族」が、「家庭」であり、「近代家族」に対応するのに対し、「農村の家族」は、「家」と捉えられている??千田博士論文154頁。

千田有紀氏は博士論文154頁以降、西川祐子氏の「家」について検討するにあたって次のように書いています(傍線部分): 次に西川の立論を検討しよう。西川は戦前を「家」/「家庭」の二重制度、そして戦後は「家庭」/「個人」の新二重制度と概念化する(西川…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(14)米村昭二氏が発見した小山隆「大家族」概念についての研究成果を無断利用し千田自身の研究成果として記述。千田博士論文118頁

米村昭二氏は論文『家族研究の動向』(社会学評論)(注1)33-34頁において小山隆の大家族制に関して次のように書いています(傍線部分): 大家族制についても「広く大家族とは、親子中心の家族であるが、ここに問題とする大家族とは、単に家長の直系尊卑…

千田有紀が執筆したフェイク・ニュース:2017年4月30日Yahoo!ニュース記事「ツイッターにはなぜ、誹謗中傷があふれるのか」

千田有紀教授(武蔵大学、以下、敬称略)は2017年4月30日に次のYAHOO!ニュース記事を執筆している: news.yahoo.co.jp この記事は2017年4月末に千田が名誉毀損を理由に松浦晋二郎を提訴した民事訴訟(以下「千田訴訟」と呼ぶ)係属中に書かれた記事である。 …

ロンダ・シービンガー著『女性を弄ぶ博物学――リンネはなぜ乳房にこだわったのか』を読む

千田有紀教授(武蔵大学、以下敬称略)は著書『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』(岩波書店)の中でロンダ・シービンガー著『女性を弄ぶ博物学――リンネはなぜ乳房にこだわったのか』(工作舎、1996年)の記述を紹介しながら「分類学の父」として知られる…

千田有紀教授の博物学者カール・フォン・リンネについての記述は著しく公正さを欠いている。『女性学男性学』18-21頁

1 千田有紀教授(武蔵大学、以下敬称略)は著書『ヒューマニティーズ 女性学/男性学』(岩波書店)の中で「分類学の父」として知られるスウェーデンの博物学者、カール・フォン・リンネ(1707年~1778年)について書いています。 それによるとリンネは人間…