松浦晋二郎ブログ(連絡先:ivishfk31@gmail.com)

2017年2月から4月まで松浦晋二郎は千田有紀の論文に「千田の博士論文」と「千田の博士論文ではない論文」という全く同一タイトルの2つの異なる論文が存在する事実を知らずに後者を前者であると勘違いしてブログ記事を執筆していた。ところが千田は松浦が上記勘違いをして記事を書いている事実を松浦に教えずに黙ってじっと見ていて松浦のブログ記事数がたまったところで同年4月下旬名誉毀損を理由に提訴した。千田は自己の意思で千田の主張する「名誉毀損」の「損害」を自ら拡大させ続けた。

千田博士論文

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(1)~(17)(2017年4月に千田有紀が松浦晋二郎を提訴した訴訟は同年5月、千田の訴え取下げにより終了した。本記事(1)乃至(17)は松浦が「千田博士論文」に関して2018年3月以降に新たに執筆した記事である。以後、現在までの間、本記事(1)乃至(17)で指摘した学術上の問題点に関する千田側からの学術的応答・反論は一切存在しない。)

千田有紀氏の博士論文の審査委員「主査」は上野千鶴子氏です。 http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=114893 千田有紀氏(武蔵大学教授)の論文には、「千田氏の博士論文」(以下これを「千田博士論文」と呼びます)と「千田氏の博士論文…

千田有紀(武蔵大学教授)のインターネット戦略・「不作為」による社会的抹殺

千田有紀(武蔵大学教授)のインターネット戦略は、(1)積極的に事実に反する記述や発言を行うという「作為」によって自己のイメージをアップさせる(もしくは相手方のイメージをダウンさせ社会的に抹殺する)戦略と、(2)閲覧者に対して重要な事実を隠す…

2019年度東京大学入学式祝辞において「公正」な社会の重要性を説いた上野千鶴子は千田有紀氏の博士論文についても「公正」かつ厳正に審査を行ったはずであり、上野千鶴子の「公正」かつ厳正な論文審査をパスした結果、東京大学から千田氏に博士号が授与されているはずですから、千田氏は私の上記質問くらいは簡単に回答できるはずであり、回答できなければおかしい。

私はこれまで千田有紀氏の博士論文について多くの記事を書いてきました(注1)が、私の述べていることは至ってシンプルです。 たとえば 千田氏は博士論文の中で戦前の有賀喜左衛門について、 戦前・・・有賀ですら、「家」は社会を規制するのではなく、「家…

上野千鶴子氏の東大スピーチ「納得と、それでも消えない疑問」(現代ビジネス)御田寺 圭

gendai.ismedia.jp 上野千鶴子が審査委員「主査」として審査した上野の直弟子・千田有紀氏の博士論文を読むことはあなたさまが上野を知るための大きな手掛かりとなることでしょう(これは同時にあなたさまが「東京大学」の現状を知ることでもあります): ◎…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(17) 戦前の日本の「家」研究において、「家」というものが、制度、特に法制度と同一視された??千田博士論文117頁

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています: ここで、戦前の日本の「家」研究と戦後の家族研究に、ひとつの断絶が生じているのを見るのは、容易である。つまり、「家」というものが、制度、特に法制度と同一視されたため、戦後はそれが消滅したと…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(16)ここまでのまとめ

1 これまで千田有紀著博士論文「『家』のメタ社会学」について記事を書いてきましたが、ここまでのまとめをしておきたいと思います。 この記事では以下、私の推測や感想も入りますのでもしかしたら私の誤解や間違い等もあるかもしれませんのでその点は予め…

東京大学の博士論文を入手する方法

東京大学の博士論文を入手する方法としては、 国立国会図書館の複写サービス(下記注※)を利用して郵送してもらう方法、 があります。 「利用者登録」が必要になります。 ただし著作権との関係で全ページの「半分だけ」しか複写してもらえません。 また、国…

現役東大生だが上野千鶴子の祝辞はゴミだと思う

現役東大生だが上野千鶴子の祝辞はゴミだと思う

上野千鶴子の東大入学式祝辞「これまで誰も見たことのない知」ってどんなもの?2019年度

2019年4月12日、上野千鶴子(東京大学名誉教授)は東京大学入学式祝辞: https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html の中で次のように述べました: 「大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見た…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(番外編) 長谷川[1980:24]とは、長谷川氏のどの著書か?千田有紀氏は出典を明示せよ。千田博士論文165頁

千田有紀氏は博士論文165頁において次のように書いています: 千田氏が引用している「」の部分について「長谷川[1980:24]」と書かれているので長谷川氏のどの著書からの引用なのかと思って千田博士論文の「文献目録」を見ますと次のように書いてあります: …

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(15) 西川祐子氏の「家」制度は、農村の家族である?「都市の家族」が、「家庭」であり、「近代家族」に対応するのに対し、「農村の家族」は、「家」と捉えられている??千田博士論文154頁。

千田有紀氏は博士論文154頁以降、西川祐子氏の「家」について検討するにあたって次のように書いています(傍線部分): 次に西川の立論を検討しよう。西川は戦前を「家」/「家庭」の二重制度、そして戦後は「家庭」/「個人」の新二重制度と概念化する(西川…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(14)米村昭二氏が発見した小山隆「大家族」概念についての研究成果を無断利用し千田自身の研究成果として記述。千田博士論文118頁

米村昭二氏は論文『家族研究の動向』(社会学評論)(注1)33-34頁において小山隆の大家族制に関して次のように書いています(傍線部分): 大家族制についても「広く大家族とは、親子中心の家族であるが、ここに問題とする大家族とは、単に家長の直系尊卑…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(13)「戦後民法はある面で明治民法と連続性を持っている。」???(46頁)

千田有紀氏(武蔵大学教授)は東京大学博士論文46頁において次のように書いています(青字部分): 戦後民法はある面で明治民法と連続性を持っている。『妻は夫の家に入り、入夫は妻の家に入る』といった旧民法788条と、「協議によって夫または妻の氏を名のる…

私は千田有紀氏から事実に反することを一杯書かれてハラスメントを受け続けていますけれども?男性の人権はどうでもいいのですか?

福田事務次官セクハラ問題、何が問題なのかを考えてみる #Me Too#We Too#With You(千田有紀) - 個人 - Yahoo!ニュース 私は千田有紀氏から事実に反することを一杯書かれてハラスメントを受け続けていますけれども? 男性の人権はどうでもいいのですか?

千田有紀氏の発想は、事実に反することを書いて相手を困惑させてやる、相手が困惑していることが解ったらもっとやり続けてやる、という発想。

◎千田有紀氏(ジェンダー学者)は2017年11月3日以降現在に至るまで、ツイッターアカウント「千田有紀」のトップページにおいて「固定ツイート」で次のツイートを掲示し続けています: https://twitter.com/chitaponta/status/926605753267322881 千田有紀氏…

【旧】(千田有紀氏・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(12)有賀喜左衛門は敗戦によって「封建的」な「前近代性」という意味を担わされた「家」という言葉をそのような意味から救い出そうとした?103頁)

1、千田有紀氏は博士論文において次のように書いています(青字部分): ここで重要なことは、やはりこの時点でも家と家族がわけて考えられてはいない点、家が「集団」であると考えられている点である。「有賀の家、同族研究には問題点も残されており、その…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(11)川本彰氏の著書からの無断引用 63頁、159頁

1 千田有紀氏は博士論文の中で次のように書いています(青字部分): 「家族」の原語であるfamilyは、語源的にはラテン語のfamilliaという語から生じているが、・・・(63頁、159頁) しかし川本彰『家族の文化構造』(1978年、講談社現代新書)32頁には次…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(10)森岡清美氏の著書からの無断引用

千田有紀氏は博士論文において、かつて「家族」に「一」をつけて「一家族」という用法が日常語にもあった、と述べた上でその具体例として次のように書いています(青字部分): まず田山花袋の『生』(1908)のなか[ママ]ある「日の暮れる頃、わアーッわアーッ…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(12)有賀喜左衛門は敗戦によって「封建的」な「前近代性」という意味を担わされた「家」という言葉をそのような意味から救い出そうとした?103頁

1、千田有紀氏は博士論文において有賀喜左衛門(注)の「家」概念について、次のように書いています(傍線部分): ここで重要なことは、やはりこの時点でも家と家族がわけて考えられてはいない点、家が「集団」であると考えられている点である。「有賀の家…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(9)「戦前の社会学の家族論では『家』が武士的・儒教的家族制度として意識されることはなかった」?160頁

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています(傍線部分): ・戦前の社会学の家族論では、「家」が武士的・儒教的家族制度が〔ママ〕意識されることは決してなかった(千田博士論文107頁)。 ・戦前の社会学の家族論では『家』が武士的・儒教的家族制…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(8) 1951年時点の喜多野清一において「家」と「家族」は「二項対立を形成」していた?144頁

千田有紀氏は、博士論文において「家」概念のあり方は、おおまかに三期に分けられるとしています。 第一期は1920年代から1945年頃までであり、第二期は1945年から1960年頃まで、そして第三期は1960年以降であるとしています。そして第二期の戦後初期は、「家」…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(7)戦前、有賀喜左衛門は近代化によって伝統が失われることを嘆いていた?139頁

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています: ・・・このようななかで、有賀喜左衛門の占める位置を評価するのは難しい。なぜなら確かに戦前、有賀は近代化によって伝統が失われることを嘆き、大家族や同族団体の「結合が弱められつつあるといわれ…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(6)「家族」の民主化が戦後民法によって起こったと考えられていたが、そもそも新民法は、「家」「戸主」といった単語のレベルでの「民主化」がおこっていたにすぎなかった??125頁

1 千田有紀氏は博士論文において次のように書いています: 「家族」の民主化が戦後民法によって起こったと考えられていたが、そもそも新民法は、「家」「戸主」といった単語のレベルでの「民主化」がおこっていたにすぎなかった。(125頁) 上記記述と同趣旨の記述…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(5)「戦前・・・有賀ですら、『家』は社会を規制するのではなく、『家』が単に社会の規制のもとにあるだけだと考えていた。」?108頁

千田有紀氏は博士論文において「戦後は、家族原理そのものが、社会にまで拡大、貫徹すると考えられるように」(注1)なった、と記述し、しかし戦前には家族原理が社会にまで拡大、貫徹すると考えられてはいなかった、との趣旨を述べています。この趣旨を裏付…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(4)戸田にとって「家」とは、ただ単に戸籍に記入された形態に過ぎない?81頁

千田有紀氏は博士論文において次のように書いています: 【千田氏の記述】戸田にとって「家」とは、ただ単に戸籍に記入された形態に過ぎない。(注1) しかしこの 【千田氏の記述】には疑問があります。この点について以下、述べます。 千田氏は上記のように…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(3)戸田の著書からの引用であるにもかかわらず引用の事実を明記せずに千田氏本人が書いた記述であるかのように書く。79頁。

千田有紀氏は博士論文の中で戸田貞三の家族学説について次のように書いています(青字部分): 【千田氏の記述】 子に対する愛情があわられて育児の機能となるがごとく、親に対する愛着追慕の感情があらわれて祖先崇拝の行事となるものと考えられる。(注1)…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(2)戸田貞三の「家族」の文言を「家庭」に書き換えて「脚注」までつけたうえ、書き換え後の「家庭」の文言にあたかも特別な学術的意義があるかのように書く。千田博士論文81頁

千田有紀氏(武蔵大学教授)は博士論文の中で戸田貞三(東京帝国大学名誉教授・家族社会学者)の家族学説について次のように書いています(注1)。 【引用1】 戸田はたしかに「感情的な一体化」を実態視してしまっているが、「人々の生活内容が複雑になり、家…

千田有紀著・博士論文「『家』のメタ社会学」を読む(1)「戸田は戦後的状況とは異なり、日本の家族を欧米の家族と相反するものとは捉えなかった」(17頁)??

1 千田有紀氏(武蔵大学教授)は東京大学の博士論文(注1)17頁において東京帝国大学名誉教授、故・戸田貞三に関して次のように書いています(青字部分)。 戸田は戦後的状況とは異なり、日本の家族を欧米の家族と相反するものとはとらえず、「家」という言…