松浦晋二郎ブログ

民事訴訟は私人間の権利義務を私的自治の範囲内で自由に処分する場であり学問上の真理を確定するための場ではないので民事訴訟と学問上の真理確定とは無関係である。従って自己の著書論文に多数の学問的間違いを書いている学者が、自己の著書論文の学問的間違いを指摘した相手のことを恨み、名誉毀損を理由に民事訴訟で当該相手を訴えて恫喝し無理やり相手に「謝罪文」を書かせてみても学問上の真理を自己に有利に書き換えることは不可能/東大文学部卒業。同志社ロー修了/行政書士試験合格/連絡先ivishfk31@gmail.com

上野千鶴子

上野千鶴子:就職口の可能性があるとき、私自身は、できるだけ意図的に女性を推すようにしている。あからさまに男性に逆差別を行使している。

★就職口の可能性があるとき、私自身は、できるだけ意図的に女性を推すようにしている。あからさまに男性に逆差別を行使している★東京大学名誉教授、立命館大学教授 上野千鶴子「就職口の可能性があるとき、私自身は、できるだけ意図的に女性を推すようにして…

上野千鶴子「私は経験科学の研究者だから嘘はつかないけど、本当のことを言わないこともある。」

千田有紀氏の大学院時代のお師匠の上野千鶴子氏は次のように発言しています: 古市「じゃあ、初めにもう戦うべき相手があるわけですね」 上野千鶴子「当たり前ですよ。だって、問いが立つというのは、そういうことだから。問いに公平も中立もありません」 (…

従軍慰安婦問題、性犯罪における事実認定についての上野千鶴子の見解 ~文書中心主義の排除、挙証責任の国家(加害者)への転換~

【注意:本記事は私の個人的見解を述べたに過ぎず、絶対的な学問的正しさを保証するものではありません。また特定人について否定的・断定的評価を下すものではありません。人によって物の見方、感じ方はさまざまです。信じるか信じないかは自己責任でお願い…

私は柴田英里氏が一日も早く「正解」に到達されることを心から願っています。

【注意:本記事は私の個人的見解を述べたに過ぎず、絶対的な学問的正しさを保証するものではありません。また特定人について否定的・断定的評価を下すものではありません。人によって物の見方、感じ方はさまざまです。信じるか信じないかは自己責任でお願い…

最新のジェンダー学理論によれば、客観的事実の存在自体が怪しい、と主張し客観性も中立性も否定して、相手の言葉の意味を変えて、相手の言葉に亀裂を入れて、事実に反する言説を社会に拡散してしまえば「男の論理」を崩すことができて女性が解放される、という

最新のジェンダー学理論によれば、客観的事実の存在自体が怪しい、と主張し客観性も中立性も否定して、相手の言葉の意味を変えて、相手の言葉に亀裂を入れて、事実に反する言説を社会に拡散してしまえば「男の論理」を崩すことができて女性が解放される、と…

WANは、女性が土俵に上がれない相撲協会を女性差別であると言って批判しているが、役員が女性ばかりで男性が役員の土俵に上がれないWANは男性差別ではないのか?など

https://wan.or.jp/article/show/313 ◎上記WANの役員構成をみると、WANの役員は女性役員ばかりで男性役員が一人もいないのは男性差別ではないのでしょうか? WANは、女性が土俵に上がれない相撲協会を女性差別であると言って批判しています(注1)が、男性が…

千田有紀氏のお師匠の上野千鶴子氏発言「私は経験科学の研究者だから嘘はつかないけど、本当のことを言わないこともある」

上野千鶴子『不利なエビデンスはもちろん隠す、それが悪いことだと思ったことは無い』『ジェンダー研究はフェミニズムのツール』→これがフェミ学者の本音でしょね。学者の仮面を被った活動家。学者であれば、給料も貰えるし、科研費も使える。 pic.twitter.c…

小倉秀夫弁護士発言「ファクトベースで議論をする人たちとフェミニズムとの相性は良くない。」

https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/948200547080798210 小倉秀夫弁護士クラスの弁護士になると、物事の本質がよく解っていらっしゃいます。さすがです。 【参考】 最新のジェンダー学理論によれば、客観的事実の存在自体が怪しい、と主張し客観性も中…